単身赴任するとき車はどうする?4つの選択肢を解説

MENU

単身赴任するとき車はどうする?4つの選択肢を解説

単身赴任

単身赴任が決まると、何かと準備や手続きが大変ですよね。これからの生活に対して、不安と期待が入り混じったような心境になる人が多いと思います。
そしてそれと同時に気になるのが「車のことはどうするのか」という点ではないでしょうか。

 

家族がいる自宅と単身赴任先を行き来するのに車が必須だという人もいるでしょうし、単身赴任先ではほとんど車は使いそうにないという人もいるでしょう。
また、普段自宅では車を使っていなかったけれど、単身赴任先では買い物などに車が必要になるというケースもあると思います。

 

それぞれのケースによって車をどうするか決められるよう、こちらでは単身赴任先の車事情で考えられる以下4つの選択肢

選択肢@単身赴任先で必要な時だけ車をレンタルする
選択肢A単身赴任中は車をリースする
選択肢B単身赴任先で車を購入する
選択肢C単身赴任先へ車を持っていく

これらについて、詳しく解説をしていきたいと思います。

 

選択肢@単身赴任先で必要な時だけ車をレンタルする

単身赴任中はほとんど車に乗らないという場合は、必要な時だけレンタカーを利用するのも手。レンタカーなら数時間からの利用が可能なので、ちょっとした外出だけに使いたいという人はレンタカーで十分と言えるかもしれません。

 

レンタカーの場合、インターネットから手軽に予約ができることが多くなっています。予約なしの当日レンタルが可能なところもあるため、急な用事でも安心ですね。

 

レンタカーを運転中に万が一事故を起こした場合の補償などがあらかじめ料金に含まれていることもありますが、一定以上の補償やロードサービスなどはオプションとなり、別途料金がかかることも多くなっていますので注意しましょう。

 

選択肢A単身赴任中は車をリースする

自宅で今まで使っていた車はそのまま家族のところに置いておく、または売却をして、単身赴任先ではカーリースを利用するという選択肢もあります。

 

一般的なカーリースは、3年〜9年程度の比較的長期間車をリースするサービスです。決められた期間よりも短期間で車を返却すると違約金がかかってしまうため、単身赴任の場合には利用期間も注意したいところです。

 

レンタカーとの大きな違いは、借りる期間の長さだと言えます。また、カーリースの場合には車庫も必要となってくるためこの点も注意したいところでしょう。

 

カーリースもレンタカーと同様に、インターネットで予約できるところが多くなっています。
保険料や自動車税、車検の費用などは、あらかじめ料金に含まれていることも多く、購入と比べて手間や費用を省くことができるのは嬉しいメリットですね。

 

NOREL(ノレル)

ノレル

最近では、最短で数か月から乗り換えが可能というカーリースもあります。短期間の単身赴任にも対応できそうですね。
短期間だけの利用なら購入よりも費用が安く済むことも考えられますし、手続きやメンテナンスなども購入より楽なので単身赴任者にはメリットが大きいかもしれません。
ケースに応じて賢く取り入れていきたいですね。

 

NOREL(ノレル)もそんな短期間で乗り換えが可能なリースサービスのひとつです。

 

NORELなら、プランによってはベンツBMWフォルクスワーゲンなどの外車を乗り回すこともできちゃいます。
家族の目が届きにくい単身赴任先での密かな楽しみとして利用する、というのもアリかもしれません……!

 

詳細が気になる人は、当サイトのNOREL解説記事を読んでみてください。
  ↓
NOREL口コミを読んでみる

 

 

選択肢B単身赴任先で車を購入する

これまで自宅では車を必要としていなかったけれど単身赴任先では生活のために車が必要になるという人は、単身赴任先で車を購入するという選択肢も考えられますね。

 

単身赴任に住民票を移してなくても車庫証明って取れるの?

ここで気になるのは「住民票も移さなくてはならないのか?」という点。
単身赴任時、主な生活の拠点は地元の自宅にあるという人や単身赴任の期間が1年未満だという人の場合、住民票を移さないことも多いですよね。でも、住民票を移さないと車庫証明を取れないというのでは困ってしまいます。

 

実はこちらに関しては、住民票を移さなくても車庫証明を取ることができるので問題ありません。

 

車庫証明の申請は、単身赴任先の住所の管轄の警察署で行います。申請書に書く住所は自宅(住民票の住所)を記入しますが、「使用の本拠」という欄に単身赴任先の住所を記入することになります。
この際、単身赴任先の住所へ届いた公共料金の明細書や消印付きの郵便物など、単身赴任先が車の使用の本拠であると分かるものが必要となりますので用意しておきましょう。(住んでいる地域によって必要書類は異なることがあります)

 

単身赴任で住民票を移動せずに車購入はできる?

住民票を移動しなくても、車の購入も可能ですので安心してください。

 

車検証には所有者の住所、使用者の住所、使用の本拠の位置が記入されますが、単身赴任の場合には「使用の本拠の位置」だけを単身赴任先の住所にすれば、住民票を移動しなくても車の購入が可能となります。

 

ただし、単身赴任先で車を購入、買い替えする場合、印鑑証明書は住民票のある地元の役所などに行かないと用意できませんのでその点は注意してください。

 

単身赴任時には軽自動車を購入するのがおすすめ?

単身赴任先で自分しか乗らない車なので費用を抑えたい、ということであれば軽自動車を購入するという手もあります。軽自動車は税金などをはじめとする維持費が安いだけでなく、地域によっては車庫証明が要らないというメリットも。手続きなども、普通車と比べると比較的簡単に済むでしょう。

 

また、軽自動車に限らず車を購入する際は、金利の低い自動車ローンを選ぶことも忘れないでおきましょう。

 

生活環境の変化によってさまざまな方面で出費がかさむことが予想されるので、車にかかる月々の費用を抑えるためにも、低金利のマイカーローンを選ぶことは重要と言えます。

 

当サイトで紹介している自動車ローンのうち、金利の低さが強みのローンを2つ案内しておくので、購入の線で検討する人は以下のページを参考にしてみてください。
  ↓
損保ジャパン日本興亜マイカーローンについて詳しく
しずぎんマイカーローンについて詳しく

 

選択肢C単身赴任先へ車を持っていく

自宅も単身赴任先もどちらも車が欠かせない、自宅と単身赴任先を行き来するのに車が必要だという人は、今使っている車をそのまま単身赴任先に車を持って行くという選択肢もあります。

 

住民票を移さず車検証の住所に変更が無くても「使用の本拠の位置」は変更となりますので、そちらの変更をする必要があります。使用の本拠の位置を管轄してる運輸支局(自動車検査登録事務所)で手続きをしましょう。

 

単身赴任中他の家族が車をメインで使う場合は保険などの名義変更が必要?

名義変更

普段はほとんど自分しか運転しないから、自動車保険の記名被保険者を自分の名義にしているという人も多いと思います。
しかし、単身赴任で自分は車に乗る機会が減り、妻などほかの家族がメインで車を使うことになる場合には、記名被保険者を配偶者や同居の親族など(メインで車を使用することになる人)に変更しておくとよいでしょう。

 

ただし、被保険者の配偶者、同居の親族(子供、きょうだい)などでないとこれまでの等級が引き継がれないため注意が必要です。

 

単身赴任先での車問題、おすすめは?

単身赴任先での車問題

単身赴任で車をどうするかという問題は、それぞれの置かれた環境や状況によっても変わって来ます。単身赴任先でそれほど頻繁に車を使わないという人の場合には、カーリースやレンタカーなどを利用した方がコスパが良い可能性もあります。

 

ただし、必ずしもカーリースやレンタカーの方がお得だとは限りません。よくシミュレーションをしてみて、自分のライフスタイルに合った方法を取るのが一番です。

 

そして、住民票を移さない場合の車検証の住所変更や保険の名義変更などがある場合には販売店やお世話になっているディーラー、保険会社などに問い合わせをし、手続きなどを代行してもらえるかどうか確認してみましょう。

 

 

単身赴任の時には車はどうする? というテーマについてお話してきました。
単身赴任中は、単身赴任先で車を購入する、カーリースを利用する、レンタカーを借りる、今使っている車を持って行くなどの選択肢が考えられます。それぞれにメリットやデメリットなどもありますし、どの選択肢を選ぶのが良いかは車の使用状況によって異なってきます。自分のライフスタイルに合った最適な選択肢を選べると良いですね。

 

自動車ローン比較トップページへ戻る