自動車の寿命って何年?走行距離は何キロ?買い替えに最適な時期はいつか

日本ではよく、自動車は10年、走行距離10万キロくらいで寿命だなどと言われていますよね。
これって本当なのでしょうか?
自動車の寿命は何年くらいで、走行距離何キロくらいなのか、買い替えに最適な時期はいつなのかなどについてお話していきましょう。

 

自動車の寿命は本当に10年?

一昔前は新車登録から10年を過ぎると1年に一度車検を受けなければならなかったため、自動車の寿命は10年くらいだと考えていた方が多かったようです。

 

10年と言っても、どれだけの走行距離なのか、きちんとメンテナンスしていたのか、運転の仕方はどうだったのかなどによっても車の状態はそれぞれ違うため、「車の寿命は10年だ」とは、一概には言えないかもしれませんね。

 

また、今の車は昔の車に比べて性能が上がってきているという点から見ても、必ずしも10年とは言い切れないと思います。

 

ただし、10年を過ぎても部品を交換すれば十分乗れるような状態であったとしても、その車の部品自体が製造されなくなり交換が不可能な場合には、残念ですが寿命と言えるでしょう。

 

走行距離10万キロで寿命なの?

日本では、一つの目安として走行距離が10万キロを超えると寿命だと言われることが多いです。
実際におおよそ10万キロ〜15万キロ程度で寿命を迎えることが多いようですが、これに関しては車種や、オイル交換などのメンテナンスをチンとしているかどうか、普段どんな乗り方をしているかなどによってもだいぶ変わってくるようです。

 

また、車の寿命が10万キロだと言われているのは、日本だけだという話も聞きます。
海外では軽く20万キロ〜30万キロは走っているとか!
日本の2倍、3倍というのはびっくりしますよね。

 

10万キロ程度走っていれば、どこかしらダメになる箇所が出てきます。実際に、タイミングベルトやエンジンベルトなどの交換となる時期でもあるでしょう。
ダメになった箇所を修理したり部品を交換したりすれば、実は10万キロを過ぎてもまだまだ走れることが多いようですよ。

 

しかし、もし部品を交換するために高額の費用がかかってしまうとしたら、どう思うでしょうか。
「だったらもっと燃費の良い車に乗り換えても良いかな?」などと考えてしまいますよね。

 

このような理由で10万キロ程度走ると買い替えを考える方が多いため、一般的に10万キロくらいが寿命だと言われるのかもしれませんね。

 

買い替えのタイミングはいつがいい?

10年、10万キロ以上走っている車でも、車検などで何も問題が無ければまだ買い替えなくても良いでしょう。

 

もうすでに廃盤で手に入らない車だし気に入っているから、部品交換にお金がかかってもまだまだ乗りたいというケースもあるかもしれませんね。
安全性が保てるなら、それでも問題ないと思います。

 

ただ、一つ知っておいて欲しいことがあります。
それは「税金」に関することです。

 

実は乗用車の自動車税は、新車として登録されてから13年(ガソリン車、LPG車の場合。ディーゼル車は11年)を経過すると、15%割り増しされてしまいます。(軽自動車の場合には20%割り増し)
これはなぜかというと、環境に対しての負荷が大きい車だと判断されるためです。
例えば、1,500cc〜2,000ccの車の場合、通常の自動車税は39,500円ですが、13年を経過すると45,000円にまで上がります。

 

さらに自動車重量税に関しても、13年を超えた時点、18年を超えた時点で税額が上がります。

 

ですから、交換しなければいけない部品が出始めて、走行距離が10万キロを超えて、さらにもうすぐ新車登録から13年になりそう・・・などという時には、そろそろ買い替えを考え始めても良いのかもしれません。

 

 

まとめると、一般的には自動車は10年、10万キロが寿命などと言われていますが、車種や、その車がどうやって乗られていたか、メンテナンスが適切に行われてきたかなどによって、寿命は変わってくると言えます。

 

つまり、きちんと定期的にメンテナンスを行っている場合には、もっと寿命が延びることになります。
もちろん、その逆もありうるでしょう。適切なメンテナンスを行っていない場合には、寿命は短くなってしまいます。

 

買い替えに最適なタイミングは、部品の交換に数十万円以上かかりそうな時や、13年以上乗っていて税金が上がってしまう時など、それぞれの事情によって異なるかもしれません。
車そのものに関する理由だけでなく、家族が増えた、子供が独立して夫婦二人に戻ったなど、それぞれの家庭の事情も併せて考慮して、ベストな買い替えのタイミングを考えるのも良いですね!