マイカーローンの在籍確認で勤務先に電話が来るのか解説

MENU

マイカーローンの在籍確認は電話なし?勤務先確認で職場バレしない?

アイキャッチ

車を購入する際にとても便利なマイカーローン。利用したいと考えている方は非常に多いはずです。しかし、ローンとなると気になるのは「勤務先への在籍確認」です。これにより、職場の人にローンを組もうとしていることがバレてしまうのではないかと懸念している方もいらっしゃるでしょう。
マイカーローン契約時の在籍確認について、解説していきます。

 

一般的なローンは在籍確認をするのが主流!

アイキャッチ

一般的に、金融関係の契約を結ぶ際に必要となってくるのが「在籍確認」です。申込者本人が申込書に記載した職場にて実際に勤務をしているのかどうかを確認するために行われ、勤務先に直接電話をかけて確認をとることが一般的です。
どのような内容の契約であっても、お金が関係してくるのであれば、きちんとした収入減があるのか否かを金融機関としても把握しておきたいと考えるのが普通です。

 

普段から、勤務中に他部署や取引先などから電話の連絡が多く入る環境でお仕事をされている方にとっては、在籍確認も「何本もある入電のひとつ」となるため、本人も周囲の人も特に気にならないでしょう。
しかし、職種や勤務地によっては個人宛に電話がかかってくることがあまりなく、勘が鋭い人に気づかれてしまうかも・あの人には電話口に出てほしくない。。なんて心配になる方も多いでしょう。

 

金融機関としても、本当に記載した勤務先にて仕事をしているのか・この人を信用してお金を貸しても大丈夫かを判断するために、在籍確認は重要な項目なのです。そのため、お金が絡む契約を結ぶ際には必ずといっていいほど在籍確認は行われています。

 

マイカーローンは例外?

アイキャッチ

自由に使えるフリーローンや消費者金融のカードローンといったように娯楽や大きな目的がなく融資を受けるのではなく、マイカーローンは「車を購入するため」という明確な目的があります。そのため、「遊ぶお金の為に借金するわけじゃないのだから、わざわざ確認しなくても」と考える方もいらっしゃるでしょう。

 

しかし、マイカーローンも他の金融サービス同様に、基本的には在籍確認を行います。金融機関名などは名乗らず、個人名で申し込み用紙に記載された勤務先へと連絡が入ることが一般的です。
「お世話になっております。○○(担当者個人名)と申しますが、●●様(申込者)はいらっしゃいますか?」といったセリフが主流であり、電話番号も非通知でかかってくることが多いです。(表示された電話番号やリダイヤル機能から、金融機関からの電話であることがばれないようにするため)
本人が電話口に出る必要はなく、不在や別件対応中であっても影響はありません。「そのような人物はいません」「すでに退職しております」といった在籍が確認できない回答でなければ問題なしと判断されるでしょう。

 

『基本的には』という点がポイントで、100%在籍確認が行われる訳ではありません。
各ローンの申込先金融機関が判断することなので、一概にどのような基準で在籍確認の有無が判断されているのかは明言できませんが、審査の段階で勤務年数や他金融機関からの借り入れ状況などから判断しているようです。

 

申し込み時に渡される同意書や書類に「審査段階においてお勤め先への在籍確認のお電話をさせていただく場合がございます」などの文言が記載されているはずですので書類には十分に目を通しておきましょう。

 

ディーラーローンや銀行ローンなど申込先で差はあるの?

アイキャッチ

マイカーローンには、購入先で直接契約を結ぶ「ディーラーローン」と、自分で窓口に出向いて契約をする「銀行ローン」があります。
どちらにもメリットデメリットがありますが、在籍確認に関しては、ディーラーローンの方が、融通が利く可能性が高いでしょう。

 

審査が厳しい分、金利が低いのが銀行ローンです。また、銀行ローンは担保や保証人が不要であることがほとんどなので、しっかりと返済してくれると判断されないとローンを契約することができません。
そのため審査は厳しく、「電話での在籍確認はしないでください」という要望にも応えてもらえないケースが多いでしょう。あまりにも在籍確認を拒む姿勢を見せすぎてしまうと、本当は勤務していないのでは・バレたくない大きな事情でもあるのか?とあらぬ疑いをかけられてしまい審査に影響がでることも考えられます。

 

一方でディーラーローンは保証人こそ必要ありませんが、購入する車の名義はローンを完済するまではディーラーのものです。そのためディーラーで契約するマイカーローンは、車自体が担保になっているようなものなのです。そのため銀行ローンよりも審査が緩く、融通が利く可能性があるというメリットがあります。
金利は、銀行ローンと比べると高額になる場合が多いですが、在籍確認をパスできるほうが重要だと考えるのであれば、一度相談してみると良いでしょう。

 

どうしても在籍確認を避けたいという事情があると説明し、対応してくれるならマイカーローンを契約して車を購入したいと話を進めるのです。
ディーラーの中には、社員証・給与明細・社会保険証など勤務している証明となるものを提示することで在籍確認を免除してくれる金融機関もあるようです。販売店としても、多くの車を売りあげたいと考えるでしょう。そこで、在籍確認をパスできればすぐにでも車を買う意思があるということを伝えるのがポイントとなります。

 

まとめ

在籍確認に関しては、審査の一環であるためどのような基準でするか否かを判断しているのかを知ることはできません。
仮に在籍確認の電話があった場合でも、電話口の方は審査のプロですので安易に「マイカーローン契約の為の在籍確認」であることを話したりはしませんのでご安心ください。
在籍確認をされたくないという方は、他の方法で勤務を証明できないか申し込み時に相談してみましょう。ケースによっては、柔軟に対応してくれる場合もあります。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加