自動車ローンの頭金の目安と相場を200万円、300万円と金額別で紹介

「ローン」と聞くと「頭金が必要」というイメージが強いですよね。
自動車ローンの場合にも、頭金は必要なのでしょうか。

 

頭金をどのくらい入れたら良いのかという目安や相場を、必要金額が200万円の時、300万円の時の金額別でご紹介していきます。

 

自動車ローンの頭金は必要なの?

自動車ローンを組む場合、必ず頭金が必要なのかどうか気になりますよね。
今あまりまとまったお金がないから、できれば頭金を入れたくないという方もいらっしゃるでしょう。

 

銀行で自動車ローンを組む場合を例にとって見てみると、頭金が必要な銀行と、必ずしも必要でない銀行があるようです。
ですから、頭金が必要かどうかはそれぞれの自動車ローンによるということになるでしょう。

 

ただし、自動車ローンの1年間の返済額は年収の40%程度までに抑えなければならないことが多いため、年収に比べて借入額が多いといった場合には頭金が必要になってしまう可能性が高いです。
このことを考えると、年収に対して無理のない返済ができる金額の車を選ぶことも大事となってきそうですね。

 

頭金を入れないと、借入額の全額をローンで払わなくてはなりません。
そうするとどうしても、毎月の返済額が高くなって返済が厳しくなったり、返済期間が長くなったりしてしまいがちです。
そのような点も考慮したうえで、頭金を入れるのか入れないのか決めるようにしましょう。

 

自動車ローンの頭金を入れるメリットは?

自動車ローンを組むときに頭金を入れると、何かメリットはあるのでしょうか。

 

頭金を入れると、審査に通りやすくなることが多くなるようです。
そのうえ金利も下がりますし、支払う利息の総額も当然下がります!

 

頭金を入れるとその分借入額が下がりますから、毎月の支払金額も軽減されます。

 

逆にデメリットはさほど見当らないため、無理なくまとまったお金が用意できる場合には頭金を入れたほうがお得になるでしょう!

 

頭金の下限、上限が決まっている銀行もある!

頭金を入れるとメリットがあるというのなら、少しでもいいから入れておきたい。そう思う方もいらっしゃるでしょう。
しかしここで、一つ注意したいことがあります。

 

なかには、頭金の下限を設けている銀行もあります。
例えば借り入れの額の10%以上の頭金を入れなければいけないという銀行の場合、必要金額が150万の場合には、最低でも15万円の頭金を入れなければならなくなります。

 

頭金ってどのくらい必要なの?目安や相場を知りたい

それでは、自動車ローンの頭金の目安はどのくらいなのでしょうか。

 

必要金額が少ない場合(100万円前後)には、頭金を20%〜30%入れるという方が多いようです。
必要金額が200万円、300万円と大きくなるにしたがって、頭金の金額の割合も下がっていくようです。

 

必要金額が200万円の時の頭金の相場は?

自動車購入に必要な金額が200万円の場合には、頭金の目安、相場はどのくらいなのでしょうか。

 

やはり必要金額が高くなると、20%、30%という金額を頭金として入れるという方は減ってくるようです。必要金額が200万円の場合には、頭金は10%程度の金額が目安、相場のようです。

 

つまり、200万円の10%で、20万円程度の頭金が目安、相場ということになりそうですね。

 

必要金額が300万円の時の頭金の相場は?

では次に、必要金額が300万円の場合を見ていくことにしましょう。

 

必要金額が300万円の場合も、200万円の時と同じように10%程度の金額を頭金として入れる方が多いようです。

 

つまり、必要金額が300万円の時の頭金の目安、相場は、30万円程度となります。

 

 

頭金を多く入れるとその分返済額が減り、結果的に支払う利息の総額が減ります。
返済期間が短く済み、一か月の返済額も軽減されるというメリットがありますから、可能ならば頭金を入れたほうがお得かも知れませんね。

 

また、頭金を入れたほうが銀行への印象も良くなるためか、ローンの審査に通りやすくなることが多いようです。
ただし、信用情報などに問題があったり、その自動車ローンの申し込み条件に合っていなかったりする場合などには、頭金を入れても審査に通らないケースもあるでしょう。

 

頭金を入れない場合には金利が高くなりがちで返済期間も長くなることが多いです。
ローンを組んでしまったけれど返済が厳しい・・・などということにならないように、しっかり毎月返済していけるかどうか、毎月返済できるかどうかなどを考えてからローンを利用するようにしましょう。