軽自動車の維持費と自動車税が安すぎる理由。軽と普通車の違いとは

MENU

 

軽自動車の維持費と自動車税が安すぎる理由。軽と普通車の違いとは

自動車って、維持費がかかりますよね。それを考えると購入をためらってしまうという方もいらっしゃるかもしれません。

 

しかし普通車ではなく軽自動車なら、維持費が安いと良く言われていますよね。。
そのせいか、最近では軽自動車の人気がかなり高まっているようです。

 

軽自動車と普通車の違いは何なのか、なぜ維持費が安く済むのかなど、こちらでお話していきます。

 

軽自動車と普通車の違いは?

 

軽自動車の維持費と自動車税が安すぎる理由。軽と普通車の違いとは

まずは軽自動車と普通車の、大きさや排気量の違いなどから見ていくことにしましょう。

 

軽自動車の排気量は、660cc以下となっています。
大きさは全長3.4m以下、全幅1.48m以下、高さ2m以下です。
乗車できる人数は、4人以下です。

 

それに対し5ナンバー車は、排気量が2,000cc以下(ガソリン車の場合)で、全長4.7m以下、全幅1.7m以下、高さ2m以下です。
乗車できる人数は車種によって異なり、ミニバンなどは7人乗りのものもあります。

 

軽自動車と普通車の自動車税の違いは?

 

軽自動車の維持費と自動車税が安すぎる理由。軽と普通車の違いとは

いよいよ、軽自動車と普通車の維持費の違いに関して見ていきます。
自動車税は、軽自動車と普通車でどのくらい違うのでしょうか。

 

軽自動車の自動車税は、一律で10,800円となっています。
これはどの車種の軽自動車を選んでも変わりません。

 

戦後、普通車は贅沢品、軽自動車は生活必需品とみなされていたようです。
軽自動車の自動車税が安いのは、当時自動車を普及させるためにできた軽自動車の優遇措置の名残があるためのようです。

 

一方、普通車の場合には総排気量によって金額が異なります。
総排気量が1リットル以下ならば29,500円、1リットル〜1.5リットル以下なら34,500円、1.5リットル〜2リットル以下なら39,500円です。
0.5リットル総排気量が増えるごとに金額が上がっていきます。

 

ここまでの総排気量を見ただけでも、かなりの差があることがお分かり頂けるのではないでしょうか。
もし排気量が1,800ccの車に乗る場合には自動車税は39,500円、軽自動車に乗る場合には10,800円ですから、その差は28,700円にもなるのです!

軽自動車の維持費と自動車税が安すぎる理由。軽と普通車の違いとは

 

自動車税のみならず、自動車取得税、自動車重量税も、軽自動車の方が安く済みます。

 

自動車取得税は、普通車の場合には取得価額の3%かかるのに対し、軽自動車の場合には2%で済みます。

 

自動車重量税に関しても、普通車の場合には車両重量が0.5トン増えるごとに上がっていきますが、軽自動車の場合には車両重量に関わらず、一律となっています。
自動車重量税も毎年かかり、車検の時にまとめて払うことになります。
ですから、重量税が安いことによって維持費がかなり抑えられるはずです。

 

自動車にかかる税金の面から見ると、普通車よりも断然軽自動車の方が維持費が安いといえるでしょう。

 

任意保険が安くなることが多い!

車種や保険に入る人の年齢などによっても違いが出てくるものの、任意保険の保険料は普通車よりも軽自動車の方が安くなる傾向にあるようです。

 

ケースによっては、年間数万円の差が付くようですよ!

 

ちなみに、自賠責保険の方は軽自動車と普通車でさほど差が無いケースが多いようです。

 

任意保険の金額が年間数万円違えば、10年経てばかなりの差になりますよね!
やはり任意保険の面から見ても、軽自動車は維持費が安いと言えます。

 

車検代の差はあるの?

 

軽自動車の維持費と自動車税が安すぎる理由。軽と普通車の違いとは

車検代も、一般的に普通車と比べて軽自動車の方が数万円安くなるケースが多いようです。
大した差が無いように感じる方もいらっしゃると思いますが、もし車検で不具合が見つかった時に部品などを交換したりメンテナンスをしたりする費用も、軽自動車の方が安く済みます。

 

タイヤの交換に関しても、普通車より軽自動車の方が安いケースが多いでしょう。

 

車にはさまざまなメンテナンスが欠かせませんから、長い目で見るとやはり軽自動車の方が維持費がかなり安くなりそうですね!

 

軽自動車と普通車、どちらが燃費が良い?

燃費に関しては車種や運転の仕方などによって大きく異なることが多く、単純には比較できないかもしれません。
普通車でも燃費の良い車は多く、必ずしも軽自動車の方が燃費がいいとは言い切れないでしょう。

 

しかし一般的には、普通車より軽自動車の方が燃費がいいと言えるようです。

 

でも、軽自動車って安全性が心配?!

 

軽自動車の維持費と自動車税が安すぎる理由。軽と普通車の違いとは

軽自動車というと、安全性や性能などが不安だという方もいらっしゃるでしょう。

 

しかし軽自動車の安全性は、昔に比べるとかなり向上しています。
性能に関してもだいぶ進歩しており、日常使いならさほど差を感じなくなってきているようですよ!

 

遠乗りすることが多いという方はやはり普通車の方が安心感があると思いますが、さほど遠出はせず近所で乗ることが多いという方は、軽自動車でも十分と言えるでしょう。

 

軽自動車と言えばとにかく狭いというイメージがありましたが、最近では室内空間の広さがセールスポイントの車種も出て来ています。

 

 

自動車税や重量税、取得税など、税金面でかなりお得になる軽自動車。任意保険や車検代、ガソリン代に関しても、やはり普通車よりも安いケースが多いようです。
このあたりが、軽自動車の維持費の安さの理由と言えるでしょう。

 

車の維持費を安く済ませたいという方は、軽自動車に乗り換えることを検討してみても良いかもしれませんね。

 

自動車ローン比較トップページへ戻る