自動車ローン比較|低金利のおすすめマイカーローン

MENU

人気の自動車ローン比較

高額な商品である自動車を購入する際に強い味方となる自動車ローン
その種類は多く、金利や審査基準など検討すべき項目は多岐にわたります。

 

そんなとき重要なのは、サイトタイトルにもなっている「自動車ローン比較」です。
自動車ローン比較によって、メリットやデメリット、自分に合った自動車ローンはどれか などが見えてきます。

 

当サイト『自動車ローン比較』では、数ある自動車ローンを比較する際に役立つ情報をメインに、車にまつわる様々な情報をお届けします。
もちろん、実際に比較も行っていくのでぜひご覧ください。

 

まずは基本的な情報を、「比較」しながら知っていきましょう!

自動車ローン比較“金利”

自動車ローン比較 金利
自動車は高額であるがゆえに、わずかな金利の差でも利息総額および返済総額に大きな差がでます。
金融機関やディーラーローンなど、条件の異なる様々な選択肢を比較し、吟味することが大切です。

 

そこで今回は、車を購入することを仮定し、実際に費用を計算して自動車ローン比較をしてみます。

 

自動車ローンの金利を比較!返済総額を計算したらこうなった

今回は自動車ローン比較の例として、車購入のために200万円借り入れることを想定します。
支払期間は自動車ローンであることを考慮し、比較的短期の5年間(60回)としましょう。
計算と比較がしやすいように、頭金やボーナス払い、保険や税金などは考慮しません。

 

計算にあたっては一部の例外を除き、上限金利の適用を基本とします。
それ以上高くなることはないという目安を用いての比較であり、実際の金利とは異なる場合があります。
より詳細な情報については、それぞれの自動車ローンの解説ページをご覧ください。
(PCからご覧の方は画面左、スマホからご覧の方は下部に記事の一覧があります

 

ディーラー系

 

まずは、販売店で勧められることの多いディーラーローンです。
ディーラーローンはその場で申し込めて手軽ですが、金融機関が提供する一般的な自動車ローンと比較すると金利が高め
ここではとあるディーラーローンの金利6.8%を適用して計算してみたところ、以下のようになりました。

 

【条件:200万円の借入を5年(60回)で返済】

金利

利息総額

返済総額

某ディーラーローン

6.8%

364,814円

2,364,814円

※スマホの場合はスライドして比較してください

 

この金額が高いかどうかは人によるところもありますが、ディーラーローンは比較的金利が高いとされているので、後述の銀行系のローンなどとの比較は大変重要です。

 

車の購入を決めた流れでおすすめされ、つい利用してしまいがちなディーラーローンは、他の金融機関の自動車ローンと比較するうえでの基準となります。

 

銀行系

 

次に銀行系です。今回は5つの銀行を比較していきます。まずはメガバンクと呼ばれる以下の3行。

 

三菱UFJ銀行の自動車ローンで適用される金利は2.975%で、

 

三井住友銀行の自動車ローンの金利は4.475%と公表されています。

 

みずほ銀行では自動車ローンを組む際には多目的ローンという商品を利用することになります。
今回の例で適用される金利は5.875%となります。

 

次に、地銀代表として静岡銀行
静岡銀行の自動車ローンはネットで全国から申し込むことができ、金利は2.4%または3.4%です。
今回は高いほうの3.4%で計算してみます。

 

最後の銀行は、ネットバンク代表のじぶん銀行
じぶん銀行カードローンをマイカーローンとして利用することとし、金利はこちらのページ下部の表を参考にして9.0%として計算します。

 

以上、5行の計算、比較結果がこちらです。

 

【条件:200万円の借入を5年(60回)で返済】

金利

利息総額

返済総額

三菱UFJ銀行

2.975%

154,878円

2,154,878円

三井住友銀行

4.475%

235,767円

2,235,767円

みずほ銀行

5.875%

312,937円

2,312,937円

静岡銀行

2.4%または3.4%

177,610円

(3.4%)

2,177,610円

じぶん銀行

2.2%〜17.5%

490,979円

(9.0%)

2,490,979円

※スマホの場合はスライドして比較してください

 

ディーラーローンと比較すると利息が抑えられる傾向にあるものの、そのぶん審査は厳しく行われます。

 

信用金庫系

 

次は、信用金庫が扱うマイカーローンを比較してみましょう。

 

東京の全区・全市をはじめ、神奈川県、千葉県、埼玉県、茨城県の一部を営業区域とする城北信用金庫の自動車ローン“城北カーライフプラン”では、金利が3.3%となっています。

 

これと比較するのは、東京23区をはじめ、千葉県や埼玉県の一部へ展開している朝日信用金庫
朝日マイカーローンの金利は2.9%です。

 

これらを比較すると以下のようになりました。

 

【条件:200万円の借入を5年(60回)で返済】

金利

利息総額

返済総額

城北信用金庫

3.3%

172,248円

2,172,248円

朝日信用金庫

2.9%

150,882円

2,150,882円

※スマホの場合はスライドして比較してください

 

地域に根付いた信用金庫では様々なキャンペーンを設けていて、低金利を実現しやすいのでおすすめです。ただその反面、営業地区に居住もしくは勤務していなければ利用できないので使い勝手がよいとは言えません。ローン期間中に転勤等で営業区域外へ転居となると、原則として一括返済しなければならないのでご注意を。

 

損保系

 

最後に、損保ジャパン日本興亜のマイカーローン(ジャパンダ・ネットマイカーローン)の例を挙げてみます。
損保ジャパン日本興亜マイカーローンの金利は1.9%〜2.85%です。
1.9%はここまで比較してきたなかで最も低い数字なので、上限と下限、両金利を計算し、比較してみます。

 

【条件:200万円の借入を5年(60回)で返済】

損保ジャパン日本興亜

金利

利息総額

返済総額

上限金利

2.85%

148,225円

2,148,225円

下限金利

1.9%

98,057円

2,098,057円

※スマホの場合はスライドして比較してください

 

金利の面だけでいえばここまで比較してきたなかで最も好条件な損保ジャパンのマイカーローン。選択肢に含めるべき自動車ローンと言えるでしょう。

 

まとめ

 

ここまでの比較表をすべてまとめて、大きな比較表として見てみましょう。

 

【条件:200万円の借入を5年(60回)で返済】

金利

利息総額

返済総額

某ディーラーローン

6.8%

364,814円

2,364,814円

三菱UFJ銀行

2.975%

154,878円

2,154,878円

三井住友銀行

4.475%

235,767円

2,235,767円

みずほ銀行

5.875%

312,937円

2,312,937円

静岡銀行

2.4%または3.4%

177,610円

(3.4%)

2,177,610円

じぶん銀行

2.2%〜17.5%

490,979円

(9.0%)

2,490,979円

城北信用金庫

3.3%

172,248円

2,172,248円

朝日信用金庫

2.9%

150,882円

2,150,882円

損保ジャパン日本興亜

1.9%〜2.85%

148,225円

(2.85%)

2,148,225円

※スマホの場合はスライドして比較してください

 

当サイトで金利の自動車ローン比較をした結果、損保ジャパン日本興亜の自動車ローンが優秀であることが見えてきました。
そんな損保ジャパン日本興亜の「ジャパンダ・ネットマイカーローン」のメリットをまとめてみたので、気になる人は参考にしてください。

 

undefined

 

■損保ジャパン日本興亜マイカーローンを選ぶメリット

・金利は1.9%〜2.85%!上限金利が3%を下回る
固定金利なので安定感抜群
・保証料込みで保証人は不要
・口座開設の必要もなし
フレッシャーズ優遇バイク割引のキャンペーンを実施中
・審査通過後のキャンセルも可能なので他サービスとの比較がしやすい
・審査はスピーディーで土日でも対応可
ネットと郵送だけで契約まで完了するので店舗に出向かなくてよい

 

損保ジャパン日本興亜の公式サイトはこちら

https://www.sjnk.jp/webloan/

 

当サイトにはジャパンダ・ネットマイカーローンの解説ページもあります↓

損保ジャパン日本興亜『ジャパンダ・ネットマイカーローン』の審査

 

自動車ローン比較の目次に戻る

自動車ローン比較“審査”

自動車ローン比較 審査
自動車ローンを組むには、滞りなく支払いができるのか、途中で支払えなくなるようなことがないかを確認するための審査に通過する必要があります。
その審査の基準や在籍確認の電話については、不安を感じる人も多いはず。
ここからは、自動車ローンの審査について見ていきます。

 

また、必要に応じて、各項目で自動車ローンの比較も行っていきます。
その場合のラインアップは以下の通りです。

金利

選抜理由

某ディーラーローン

6.8%

比較対象

購入時に勧められやすい

三菱UFJ銀行

2.975%

メガバンク代表

金利面で優秀

静岡銀行

2.4%または3.4%

地銀代表

低金利が人気で全国に利用者

じぶん銀行

2.2%〜17.5%

ネット銀行代表

お金の用途が自由

損保ジャパン日本興亜

1.9%〜2.85%

損保の自動車ローン

下限金利が2.0%を切る

※スマホの場合はスライドしてご覧ください

 

自動車ローンの基本的な審査基準はこの4つ

自動車ローンの審査項目は、年収や勤務先、借入額など様々なものがありますが、基本的には支払い能力があるのかということが観点になります。
基本的な審査項目は以下のとおりです。

 

審査基準@:年収

 

年収が低ければ支払いは難しいと判断され、審査に通るのは難しくなるでしょう。
ローンの金額は年収の30〜40%程度が妥当とされています。
自身の年収と組むローンの金額を比較検討し、計画的に利用することが大切です。

 

また、以下のように年収制限を設けている自動車ローンもあります。

 

【自動車ローン比較:年収制限】

金利

年収制限

某ディーラーローン

6.8

なし

三菱UFJ銀行

2.975%

前年度年収200万円以上

静岡銀行

2.4%または3.4%

なし

じぶん銀行

2.2%〜17.5%

なし

損保ジャパン日本興亜

1.9%〜2.85%

前年度年収280万円以上

※スマホの場合はスライドして比較してください

 

やはり、メガバンクや保険会社の低金利ローンとなると、利用までにそれなりのハードルがあるようです。
三菱UFJ銀行や損保ジャパン日本興亜の自動車ローンに申し込む際は、上記の年収制限をクリアできているか確認しましょう。

 

審査基準A:勤務先、勤続年数、雇用形態

 

勤務先の安定性や勤続年数など、安定した勤務状況であれば支払能力を評価してもらえます。そのため、公務員や大企業といった安定性の高い勤務先だと、比較的、審査に通りやすい傾向にあるようです。
また、雇用形態も審査対象となり、以下のように正社員はアルバイトやパートよりも評価されます。

正社員

派遣社員、契約社員

アルバイト、パート

ここで注意しておきたいのは、アルバイトやパートだと申し込めない自動車ローンもあるということです。
以下の表で、アルバイト・パートでも申し込めるか自動車ローン比較をしてみました。

 

【自動車ローン比較:アルバイト・パート】

金利

アルバイト・パート

某ディーラーローン

6.8%

申し込める

三菱UFJ銀行

2.975%

200万円の年収制限により実質不可

静岡銀行

2.4%または3.4%

申し込める

じぶん銀行

2.2%〜17.5%

申し込める

損保ジャパン日本興亜

1.9%〜2.85%

280万円の年収制限により実質不可

※スマホの場合はスライドして比較してください

 

上記の自動車ローンで「アルバイト・パートの人は申し込めない」と明示しているものはありませんでしたが、審査基準@で触れた年収制限が設けられていることで、実質的に不可となっているものがあります。
一方で、静岡銀行のように公式サイトに「年収や職業に関係なく、ご利用いただけます。」とハッキリ書いている自動車ローンもあるので、こちらもよく比較し、検討段階で見落とさないようにしましょう。

 

さらなる詳細が知りたい人、主婦や学生が申し込めるかを知りたい人は、当サイトの個別の解説記事を読んでみてください。
(PCからご覧の方は画面左、スマホからご覧の方は下部に記事の一覧があります)

 

審査基準B:借入額、信用情報

 

次は、現在の借入額と返済状況です。
いくら年収や勤務情報が優良でも、他に多額の借入があってはどうしても評価が下がります。
同時に複数のローンを組まないようにするなど、計画的な利用が必要になるでしょう。
別のローンがあっても計画的に支払が行われていればプラスの評価に、
完済済みのローンであっても返済に遅延や延滞があった場合はマイナスの評価になり得ます。

 

審査基準C:保証人

 

最後に保証人です。
初めてのローンで信用情報がない、もしくは上記の審査内容が芳しくない、などの場合は保証人を立てれば審査が有利になることがあります。

 

審査落ちになることも

 

クレジットカードに関してブラックリストに入っていたり、自己破産をしたことがあったりすると、信用情報が大きく損なわれ、審査が通らなくなります。
また、仮審査の段階で虚偽の情報があった場合、本審査が通らないことがあります。
偽証は罪に問われることもありますので、十分注意しましょう。

 

アルバイト・パートもOK!全国から申し込める低金利の自動車ローン

 

 

■静岡銀行マイカーローンを選ぶメリット

全国から申し込み可能 来店不要で契約できる
業界トップクラスの低金利 2.4%or3.4%(変動金利)
・高いディーラーローン利用者は借り換えにもオススメ(中古車、バイク、車検、修理、免許取得にも使える)
・通常のマイカーローンと違い車に関する資金なら繰り返し何度も借りられる
・保証料0円(銀行が負担) 繰り上げ返済の手数料も0円
・静岡銀行の口座がなくても申し込める

 

静岡銀行の公式サイトはこちら

http://www.shizuokabank.co.jp/

 

当サイトには静岡銀行マイカーローンの解説ページもあります↓

静岡銀行マイカーローンの審査

 

自動車ローンの在籍確認を比較!職場への電話をなしにするには

審査の一環で行われる在籍確認。これに抵抗を感じる人は多いでしょう。職場に電話されることで、自動車ローンの利用がバレる可能性もあるし、できることなら面倒は避けたいものです。

 

次は、各自動車ローンの在籍確認で勤務先に電話があるのかどうかを比較してみます。

 

【自動車ローン比較:在籍確認】

金利

在籍確認の電話

某ディーラーローン

6.8%

あり

三菱UFJ銀行

2.975%

あり

静岡銀行

2.4%または3.4%

あり

じぶん銀行

2.2%〜17.5%

あり

損保ジャパン日本興亜

1.9%〜2.85%

なし

※スマホの場合はスライドして比較してください

 

基本的に、自動車ローンに限らずお金を借りる契約を結ぶときには、職場への電話によって在籍確認が行われるものです。
ディーラーローンなら多少の融通が利く可能性もありますが、銀行はやはり、在籍確認も丁寧に確実に行うでしょう。

 

ただ、上記の自動車ローンについて電話で問い合わせたところ、損保ジャパン日本興亜マイカーローンからは「職場への電話連絡はしておりません。」との回答を得られました。
在籍確認に不安を感じている人にとって、これは目からうろこの情報ではないでしょうか?

 

こちらのページで損保ジャパン日本興亜マイカーローンについて解説しているので、気になる人は読んでみてください。

 

自動車ローン比較の目次に戻る

自動車ローン比較“必要書類”

自動車ローン比較 必要書類
自動車ローンを組む際、その審査の材料となる情報を書類で提出することになります。
以下のような書類が必要になるので、事前に準備しておくと手続きがスムーズでしょう。

 

必要な書類@:本人確認書類

 

自動車を購入する以上、運転免許証があるはずなのでこれは問題ないですね。

 

必要な書類A:住民票

 

次に必要な書類として、申込者の現住所を確認する「住民票」が挙げられます。
自治体により、休日でも出張所などに設置されている端末で取得できるところもあるようですが、なければ平日に役所で取得する必要があります。

 

必要な書類B:所得証明

 

次に、自動車ローンの審査で重要な所得証明の書類です。
例としては、以下のようなものがあります。

・源泉徴収票
・住民税決定通知書
・所得証明書
・確定申告書

会社勤めであれば源泉徴収票を会社に発行してもらうのがよいでしょう。
自営業であれば確定申告書を準備するのが簡単です。

 

なお、所得だけではなく現在の借入額を証明する書類が必要になる場合もあります。

 

必要な書類C:自動車購入証明

 

借入額や支払期間を決定するために必要な証明書類です。
例を挙げると、見積書や注文書、車検証といった書類となります。
発行日が指定されていないか、要項をしっかり確認しましょう。

 

 

以上4点の書類は、自動車ローンを組む上での基本的な書類です。
申込先や申込者によって、必要書類が変更・追加される場合もあるので、事前に確認しておくようにしましょう。

 

※書類の記載に虚偽があることが判明した場合、審査に通らないどころか、新たにローンを組むのが難しくなります。誤字脱字なども含め、提出書類は注意して取り扱いましょう。

 

必要書類について詳しく知りたい人は、こちらの解説ページを読んでみてください。

車購入の必要書類について知る

 

たった2種類!スマホで書類提出できる自動車ローン

 

 

■じぶん銀行マイカーローンを選ぶメリット

面倒な書類提出なし来店不要かんたんスマホ契約
・金利年2.2%〜17.5%
・auユーザーなら最大年0.5%の金利優遇に加え毎月の返済1,000円からでいい
・最大800万円まで借入可能
・24時間365日提携コンビニなどのATM手数料0
・自営業、パート、アルバイト、年金受給者申し込みok
・口座がなくても申し込める
・車に関係なくてもお金の使い道は自由

 

じぶん銀行マイカーローンの公式サイトはこちら

https://www.jibunbank.co.jp/pc/ld/au_loan_car/

 

当サイトにはじぶん銀行マイカーローンの解説ページもあります↓

じぶん銀行マイカーローンの審査

 

自動車ローン比較の目次に戻る

自動車ローン比較“借り換え”

自動車ローン比較 借り換え
自動車ローンの借り換えというのは、現在契約しているローンを別の金融機関に変更することです。

 

自動車ローンの金利は、取り扱う金融機関によって数字が異なります。
また、金利には“固定金利”と“変動金利”の2パターンがあり、変動金利は言葉のとおり、金利の数字が変わることがあります。

 

金利の高い自動車ローンから金利の低い自動車ローンに借り換えることで、利息の節約につながるかもしれません。
自動車のような大きい買い物だと借り入れる金額も増えるので、わずかな金利の差でも、支払総額ともなればその差は大きくなります。
金利や返済期間といった条件をよく比較し、借り換えたほうがお得かどうか、検討してみましょう。

 

借り換えの流れとポイント

 

自動車ローンの借り換えの大まかな流れは、以下のようになります。

 

借り換え先を決め、仮審査を受ける

借り換え手順

通過後、借り換え元である現在のローン先に連絡

借り換え手順

借り換え先の本審査を受け、契約

借り換え手順

借り換え実行

 

また、借り換えを行う際には、

・手数料
・必要書類
・車の担保評価

といった抑えておくべきポイントがあり、それなりの時間と手間を要するので、事前に念入りな準備をしておきましょう。

 

借り換え先にできないマイカーローンもある

 

借り換え先を選ぶときに注意したいのは、一部、借り換えとしての利用ができないマイカーローンがあるということです。

 

例えば、以下の比較表をご覧いただくとわかるように、低金利が魅力の損保ジャパンマイカーローンは借り換え先としての利用はできません↓

 

【自動車ローン比較:借り換え】

金利

借り換え先としての利用

三菱UFJ銀行

2.975%

できる

静岡銀行

2.4%または3.4%

できる

じぶん銀行

2.2%〜17.5%

できる

損保ジャパン日本興亜

1.9%〜2.85%

できない

※スマホの場合はスライドして比較してください

 

どんなマイカーローンでも借り換え先にできるわけではないので、金利以外の条件にも注目して、よく比較するようにしてください。

 

借り換えについてさらに詳しく知りたい人は、こちらの解説ページを読んでみてください。

 

 

ここまで、自動車ローンの基本情報を比較しながら紹介しました。

 

金利や在籍確認を重視するなら「損保ジャパン日本興亜マイカーローン」
年収、職業に不安があるなら「しずぎんマイカーローン」というように、
自動車ローンを比較してみることで、自分に合ったものを見つけることができたのではないでしょうか。

 

まだ悩んでいる、もっと深く知りたいという人もいると思いますが、当サイトには、さらに掘り下げた解説記事や人気のマイカーローンの紹介記事などがたくさん揃っているので、気になるものがあればぜひ読んでみてください。
(PCからご覧の方は画面左、スマホからご覧の方は下部に記事の一覧があります)

 

以上、人気の自動車ローン比較でした!

 

自動車ローン比較の目次に戻る