損をしないための車の売却方法と6つの注意点

MENU

車の売却で損をしない方法とは?6つの注意点について解説

長く行動を共にしてきた愛車。どうせ売るなら、損をしたくないという人が多いでしょう。車を売却して得たお金は新しい車を購入するときの資金にもなりますから、できる限り高く売りたいですよね!
実は損をせずに車を売却するためには、ちょっとしたポイントがあるんです。
こちらでは、損をしないための車の売却方法、6つの注意点についてお話していきましょう。

 

車

 

車の売却で損をしないためには?

誰でも、できるだけ車を高く売りたいと思っていると思います。損の無い売却方法を知りたいですよね!

 

車の売却で損をしないためには、「売却する場所」「売却のタイミング」「売却時の車の状態」などに注意する必要があります。どこで車を買い取ってもらうか、いつ買い取ってもらうか、どのような状態で買い取ってもらうかによって、買い取り価格にかなりの差が出てくることがあります。

 

せっかくなら、愛車は高く売りたいですよね!
具体的にどのような点に気をつけたらよいのか、注意点を6つ挙げていきますので参考にしてみてください。

 

注意点@: ディーラーでの下取りは要注意

新しく車を購入する場合、今まで乗っていた車をそのままディーラーに下取りしてもらうという人も多いかもしれませんね。
中古車買い取り専門店の方が高く買い取ってもらえるかもと思いつつ、いくつかの中古車買い取り専門店で見積もりなどを出してもらうのはちょっと大変な作業ですし、買い取ってもらうタイミングによっては車が手元に無い時期ができてしまう可能性も。やっぱり面倒だからディーラーの下取りでもいいか・・・と考えてしまいがちです。

 

ディーラーに下取りしてもらうと損をするかも!

しかし、ディーラーに下取りをしてもらうと損をしてしまう可能性が非常に高いでしょう。

 

というのも、ディーラーは基本的には新車を売るところであり、中古車買い取り、販売の専門業者というわけではないからです。中古車買い取り業者など専門の業者に比べて中古車の相場などに関して詳しくないケースも多いでしょう。

 

さらに、ディーラーの場合は下取りした車が売れるまでに長い時間がかかることも多く、その分在庫を管理するコストなどが高くなります。そのコストをまかなう分、下取りの価格が安くなってしまう可能性があるのです。
そのうえ、ディーラーは中古車販売店に比べて販売経路が少ないため、中古車市場の人気や相場などが価格に反映しにくいと言えます。

 

中古車市場の相場を熟知した中古車買い取り専門店に買い取ってもらった方がお得に!

一方の中古車買い取り専門店は、中古車市場の相場などをしっかりと把握しています。地域によるニーズなどにも詳しいため、それらが買い取り価格にしっかりと反映されるのです。

 

また、中古車買い取り専門店で中古車販売も同時に行っている業者などは、販売経路をたくさん持っています。なかには海外にも販売拠点を持っている中古車買い取り専門店も。販売拠点からのさまざまなニーズがあるため、車が売れるまでの期間も短くて済みます。

 

これらのような理由から、ディーラーよりも中古車買い取り専門店の方が高く買い取ってもらえる可能性が高いのです。

 

注意点A: 車を売却する時期に注意!

車は、売却する時期によって買い取り価格が変わってきます。少しでも高く売りたい場合、時期にも注意する必要があるのです。

 

価格

 

車が高く売れるのは何月?

車は、買う人が多い時期の前などに売却すると高く売れます。具体的にいつの時期が良いのかというと「1月〜2月ごろ」と「8月〜9月ごろ」です。

 

車を買う人が多い時期と言えば3月です。3月は進学や就職、転勤などで車が必要になる人が多く、1年で一番車が売れる時期なのです。また、ボーナス後の9月ごろも車がよく売れる時期です。

 

中古車販売店としては、車がよく売れる3月や9月までに車の在庫を確保しておかなければなりません。そのため、「1月〜2月」、「8月〜9月」ごろに車を売るとほかの時期よりも高く買い取ってもらえる可能性が高くなるのです。
ですから、できる事ならばこの時期を意識して車を売却したいですね。

 

車を売ると損をしてしまうのは何月?

では逆に、車を売ると損をしてしまう時期はいつなのでしょうか。あらかじめ知っておけば、車の売却時に損をしてしまうのを回避することができますよね!

 

車の買い取り価格が下がる時期は、車の売り上げが落ちる「4月」や、「11月〜12月」だと言われています。

 

年末はボーナスがあるので車がたくさん売れるのではないか?と思ってしまいますが、年末はクリスマスに忘年会、お歳暮、年越しの準備など、何かと物入りですよね。さまざまな出費が重なってしまう時期ですので、みなさん財布のひもが固くなりがち。しかも忙しくて、なかなか車を買い替える時間が取れない方も多いはずです。このような理由から、年末は意外にも、あまり車が売れない時期なのです。
そのため、11月〜12月ごろは車の買い取り価格も安くなりがちです。車の売却で損をしたくないなら、この時期は避けたほうが良さそうですね。

 

ただし、冬には雪道に強い4WD車やSUV車などの査定が高くなることもあるなど、車種や車のタイプによってはこの限りではない可能性もあります。
やはり、査定をしてもらうなら中古車市場の動向を熟知した中古車買い取り専門店の方が安心ですね。

 

注意点B: フルモデルチェンジ後の売却に注意!

車のフルモデルチェンジ後は、型落ちとなった車を手放す人が増えます。そのため、中古車市場にフルモデルチェンジ前の型落ちした車がたくさん出回ることになります。
フルモデルチェンジ前のモデルは人気が下がるうえにたくさん出回っているため安く販売されることが多く、それに伴って買い取り相場も下がってしまいます。
つまり、フルモデルチェンジ後に売却をすると損をしてしまう可能性が高いのです。

 

車は、フルモデルチェンジの前のタイミングで売却することをおすすめします。
ただし、メーカーからフルモデルチェンジすることが正式に発表されてしまうと、その時点からすでに買い取り価格が下がっていきます。ですから、できることなら車の専門誌やネットなどから正式発表になる前にフルモデルチェンジの情報を入手し、正式発表前に売却するのが望ましいでしょう。

 

注意点C: 車の売却時には車をきれいにしておく

長くお世話になった愛車。できることなら、きれいな状態でお別れしたいものです。
実は売却する車をきれいにしておくと、買い取り価格に影響してくることもあるんですよ!

 

もしあなたなら、ボディが汚れていてツヤも無く、車内にはゴミが落ちているような車と、ボディにはしっかりワックスがかけられてツヤがあり、車内もキレイに掃除されている車、どちらを高く買い取りたいと感じるでしょうか?
同じ走行距離、同じ状態の車であったとしても、多くの方は後者の車の方にいい印象を持つはずです。
ですから、車を査定してもらう時にはきれいな状態にして持って行きましょう!

 

洗車

 

そして車のボディや車内のきれいさだけではなく、「におい」にも気を配ることが重要です。特にタバコやペットのにおいがついてしまっていると良くない印象を与えてしまいますから、査定の前に対策をしておきましょう。

 

今までいろいろなところに連れて行ってくれた車ですから、感謝の気持ちを込めてきれいにしてあげてください。

 

注意点D: 車検は必ずしも通さなくても大丈夫

車を売却する前には車検を通したほうが査定が上がるのでは?と考える方が多いと思います。
しかし実際には、上乗せされるのはわずかな金額だと言われているんです。もしそれ相応の上乗せがあったとしても、結局はその前に高い車検代を払っているわけですから一緒ですよね。車検に出すには手間もかかりますし、できれば出さなくて済むほうが楽なのではないでしょうか。

 

ですから車を売却するなら、結果的に車検前のタイミングで売却した方がお得だと言えるでしょう。少しでも年式が新しい方が良いですから、車検が終わるのを待とうと思っているなら、その前に売却してしまった方がお得だと言えそうです。

 

注意点E: 車を売却するときには複数の中古車買い取り専門店で見積もりをで出してもらう

ディーラーで下取りをしてもらうと損をしてしまいそうだから、中古車買い取り専門店でも見積もりを出してもらおう。そう考える方も多いと思います。
しかし、中古車買い取り専門店1社からしか見積もりを出してもらわないというのは危険です。車の売却で損をしないためには、必ず複数の中古車買い取り専門店で見積もりを出してもらいましょう。

 

価格

 

悪徳業者に注意して!

中古車買い取り専門店の中には、悪徳な業者が紛れ込んでいる可能性があります。車を売却する側が素人で他の買い取り専門店などで見積もりを出してもらっていないと分かれば、安い価格で買いたたかれてしまう可能性もあります。そのようなことを防ぐためにも、複数の中古車買い取り専門店に見積もりを出してもらう必要があるのです。

 

複数の中古車買い取り専門店で見積もりを出してもらった中に明らかに買い取り価格が安いところがあれば、その業者は危険な業者の可能性があります。

 

信頼のおける中古車買い取り専門店を選ぶ

とはいえ、素人が悪徳業者を見破るは難しいですよね。最初に見積もりを出してもらった業者がたまたま悪徳業者だった場合、他の業者から見積もりを出してもらう前に言葉巧みに言いくるめられてしまう可能性もあります。なかには強引な業者もいて、断りたくても断れず強引に安く買いたたかれてしまうケースも。

 

ですから、最初にある程度全国的に名が知れている知名度の高い中古車買い取り専門店から見積もりをもらう方が安全だと言えます。
友人や知人などの口コミで評判の良いお店や地元で評判のお店などなら良いですが、そうでない場合、あまり聞いたことがない業者にいきなり見積もりを出してもらうのは危険かもしれません。

 

一括査定ができるサイトを利用するのもおすすめ!

複数の中古車買い取り専門店から見積もりを出してもらうために、その都度店舗まで足を運ぶのは大変ですよね。店舗に出向いて査定をしてもらうと、セールスマンに言いくるめられてしまいそうで不安な方もいると思います。

 

そのような場合には、一括査定ができるサイトを利用するのもおすすめです。一括査定ページに登録されている中古車買い取り専門店は安全な業者がほとんどなので、悪徳業者に出会ってしまう可能性が少なくなるでしょう。

 

一括査定ページを利用するとどうなるの?

一括査定ページを利用するとしつこく勧誘されるのではないかなどと不安な方も多いと思います。実際にはどうなるのでしょうか。

 

一般的には、一括査定ページを利用して査定を依頼した業者から電話がかかってくる事が多いです。基本的にはすべての業者からかかってくるため、多い場合には10社近くからかかってくる事も。
電話が苦手、煩わしいと感じる方は少し抵抗を感じるかもしれませんね。

 

しかし、こう考えてみてはいかがでしょうか。
中古車買い取り専門店を選ぶ時には、買い取り価格の高さだけでなく、誠実で信頼のおける業者かどうかも重要ですよね。電話をかけてきた中古車買い取り専門業者の電話での対応を見ることも、信頼できる業者かどうかを判断する一つの材料になると思いませんか?

 

やる気のある業者、誠実な対応の業者は良いですが、なかには本当に買い取る気あるの?と思いたくなってしまうような微妙な態度の業者もあるかもしれません。そのような接客をする業者はおそらくあまりいい業者ではないでしょうから、大事な愛車を任せるのは嫌ですよね。

 

その後、実際に詳しい査定をしてもらいたい業者を絞り込み、日時を決めて出張査定をしてもらうことになります。
このとき、査定に納得がいかなかった場合や、他の業者の査定を見てから決めたいと思った場合などは、一度しっかりとその旨を伝えるようにしましょう。セールスマンのトークに押されて、納得のいかないまま売却してしまわないように注意しましょうね。

 

一括査定の注意点は?

一括査定ページの中には、ご自分の住んでいる地域が対象になっていないものもあるかもしれません。そのような場合、別の一括査定ページを利用してみましょう。

 

また、一括査定ページにもいろいろあり、入力する項目などもそれぞれ異なります。申し込みをする前に、いくつかの一括査定ページの入力フォームなどを見比べてみて気に入ったところを利用するのも良いかもしれませんね。

 

まとめ

 

人

 

損をしないための車の売却方法や注意点6つをご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。
車の売却で損をしないためには、どこで買い取ってもらうかが重要です。一般的にはディーラーの下取りよりも、中古車買い取り専門店で買い取ってもらった方がお得になります。そして中古車買い取り専門店は初めから一社に決めてしまわず、複数の業者から見積もりを出してもらってから決めるようにしましょう。場合によっては、数十万円程度査定が変わってくる事もあるようですよ。
また、車を買い取ってもらう時期もポイント。一般的に車を高く買い取ってもらいやすい時期は1月〜2月、9月ごろ。逆に安く買い取られてしまいがちなので4月、11月〜12月ごろだと言われていますから、この時期は避けると良いでしょう。
大事に乗ってきた愛車だからこそ、高く買い取ってもらいたいもの。妥協をせずに車売却に挑んでくださいね!

 

自動車ローン比較トップページへ戻る