ダイハツのローン(残クレ)ワンダフルクレジットの金利は高い?

MENU

ダイハツのローン(残クレ)ワンダフルクレジットの金利は高い?

ダイハツのロゴ
残価を差し引いた分を分割で支払う「残価設定クレジット」(残クレ)でダイハツの車を購入したいと考えている人もいると思います。残クレは月々の支払額を抑えられ、ライフスタイルに合わせて手軽に次の車に乗り換えができると人気のクレジットです。

 

こちらでは、ダイハツの残クレ(ローン)「ワンダフルクレジット」の金利や審査などについて詳しくお話していきます。

ダイハツの残クレとは?

ダイハツのスローガン
残クレ(残価設定クレジット)でダイハツの車を購入したいと考えている人も多いと思いますが、実は残クレの仕組みをいまいちよく知らないという人もいるかもしれませんね。
まずは、残クレの仕組みやメリットなどからご紹介していきます。

 

ダイハツの車をローンで買う!残クレの仕組み

車をローンで買う時には、一般的には頭金を入れて残りの金額を分割で支払いしていくという形になるでしょう。そのため高額の車を買いたい時には、頭金を多めに入れないと月々の支払いが厳しくなったり、そもそもローンの審査に通らなかったりします。
審査に通らない、月々の支払いが厳しいという状況だと、憧れの車を諦めて車のグレードを下げたり、もっと安い車にしたりしなければなりません。

 

でもせっかく車を買うなら、やはり妥協はしたくないものです。そこで利用したいのが、ダイハツの「残クレ」です。

 

残クレ(残価設定クレジット)とは、あらかじめ3年後〜5年後の車の残価(下取り価格)を本体代金から差し引き、残りの金額を分割で支払っていくクレジットのこと。

 

ローンの最終回には

・新車に乗り換える(新たに新車の残クレやローンを組む)
・車を返却する
・そのまま乗り続ける(一括で支払うまたは再クレジット)

のいずれかから選ぶことができます。

 

残価を引いた分をローンで支払うことで通常の自動車ローンに比べて負担が軽くなり、通常のローンでは手が届かなかった車種やハイグレードの車を選択できるでしょう。

 

残クレのメリットは?

残クレで車を購入するメリットは、やはり「月々の負担金額が少なくなること」です。まだ頭金があまり貯まっていないけど車を買いたい、収入があまり多くないけどグレードが高めの車に乗りたいという人に向いているでしょう。

 

そして、3年〜5年で新車に乗り換えやすい点もメリットと言えます。3年〜5年でライフスタイルが変わりそうな人や、色々な車に乗ってみたい人などにもおすすめでしょう。

 

そのうえ残価が保障されているため、車の返却や新車への乗り換えをする場合には、基本的には最終回に支払いの必要はありません。(車の状態によっては支払いが生じる可能性もあります)
確実に3年〜5年で新車に乗り換えた場合には、残価を払わなくていい分通常のクレジットよりも残クレの方がお得になります。

 

ダイハツの残クレは「ワンダフルクレジット」

ワンダフルクレジット
ダイハツの残クレの正式名称は「ワンダフルクレジット」といいます。
支払期間は3年(37回)、4年(49回)、5年(61回)の3つのコースがありますが、支払回数の設定などは各販売店によって異なることがあるので、詳しくは販売店に問い合わせてみてください。

 

最終回には、先ほどもお話した通り「新車に乗り換える」「車を返却する」「乗り続ける」から選ぶことができます。

 

それぞれの販売店でワンダフルクレジットならではのキャンペーンなどを行っている場合もあるので、あらかじめチェックしておくと良いでしょう。

 

ダイハツのローンの目次に戻る

ダイハツのローンの金利について知りたい

ダイハツの車をローンで買うことを考えている人がまず知っておきたいのが「金利」ではないでしょうか。

 

ダイハツのローンの金利は、各販売店によって異なります。そのため、ダイハツの車をローンで購入したい場合には、購入予定の販売店で問い合わせる必要があります。

 

例えばダイハツ東京販売の例で見てみると、金利は年4.9%となっています。ダイハツ東京販売の場合にはワンダフルクレジットが4.9%、通常のクレジットは年5〜8%と書かれていますから、大体の目安として他の販売店もこのくらいだと言えるかもしれませんね。

 

各販売店の公式サイトなどで紹介されていることもあるので、購入予定の販売店の公式サイトをチェックしてみてください。

 

ダイハツの残クレは事前に見積もりを作れる

金利
ダイハツの公式サイトでは、「オンライン見積もり」をすることができます。
購入したい車種を選び、モデルやグレード、ボディーカラー、内装色、オプションなどを選択すると合計金額が出てきます。
諸費用なども確認することができますよ。
見積もりを出したうえで、ローンについても考えていきたいですね。

 

見積もり結果をもとに商談をすることもできますから、購入に関して相談したい、残クレやローンで買うときの金利や月々の返済額を知りたいなどの場合は活用するのも良いでしょう。

 

ダイハツの残クレは途中解約できる?

ダイハツの残クレを利用したけれど、途中で解約したいというケースもあるでしょう。また、残クレを利用する前に途中解約が可能なのかどうかを知っておきたいという人もいると思います。
残クレは途中解約できるのでしょうか。

 

残クレで車を購入した場合、車を返却することで一応解約が可能だと言えます。
しかし、残クレで車を購入した場合、残価を引いた金額を全て払う必要があります。それを途中で解約したからと言って、支払わなくて良くなるわけではありませんから注意してくださいね。返却すればそれで終わりというわけにはいきません。

 

車を返却する場合、返却する時点の車の査定の結果によってそれ以上の支払いが生じるかどうかが決まります。返却する時点で残っているローンの金額よりも、査定で出た車の金額が高ければ差額を支払う必要はありませんが、査定の結果が残っているローンの金額を下回ってしまった場合には、その分の金額を請求されてしまいます。
請求された金額を一括返済すれば、解約できることになります。

 

残りを一括返済するというのは厳しいのが現実でしょうから、残クレを利用する際にはじめによく考えてから利用するようにしましょう。

 

ダイハツのローンの目次に戻る

ダイハツの残クレ、審査は厳しい?甘い?

審査
ダイハツの車を残クレ(ワンダフルクレジット)で購入したくても、審査に通らなくては利用できません。審査に不安がある人にとっては、審査が甘いのか厳しいのは大事な問題ですよね。実際にはどうなのでしょうか。

 

残クレの審査基準はそれほど厳しくない

残クレの審査基準は、基本的には一般的なディーラーローンと変わらないと言えます。実際の審査基準はどこの会社も明らかにはしていませんが、販売店としても車を買ってもらったほうが良いわけですし、残クレの場合には支払いが終わるまでは車が信販会社などの名義となることなどから、さほど審査が厳しくないと言われています。

 

銀行のマイカーローンなどの場合には、年収や勤続年数に条件を設けている場合もあり比較的厳しい審査が行われますが、ディーラーローンや残クレの場合には、そこまで審査の厳しさを心配する必要はないでしょう。

ダイハツのワンダフルクレジットの審査は誰でも通る?

銀行のマイカーローンなどに比べて厳しくないなら、残クレの審査は誰でも通るのかな? と思ってしまうかもしれませんね。しかし、必ずしも誰でも通るという意味ではありません。
クレジットヒストリーに問題がある場合には、ダイハツの残クレ(ワンダフルクレジット)の審査に落ちてしまう可能性があります。

 

たとえば

・カードローンの返済、クレジットカードの支払いなどを2〜3ヶ月以上延滞している、過去に滞納がある(5年以内くらいの間に)
・任意整理をして3〜5年以内、自己破産をして10年以内であるなど、ここ数年の間に債務整理をした

 

このような場合、その事故情報が信用情報機関に記録されている可能性が高いです。つまり、一般的に言う「ブラック」の状態になっています。
ブラックの場合、いくら審査の厳しくない残クレの審査でも審査落ちしてしまう可能性が高いでしょう。

 

そのほかにも、

・あまりにも勤続年数が短い
・年収に対して借入額が多い
・カードローンなどの借金の金額が多い
・借り入れの件数が多い
・短期間のうちにたくさんのカードローンに申し込みをした(申し込みブラック)

などという人も、残クレの審査に落ちてしまう可能性があります。

 

ダイハツのローンの目次に戻る

ダイハツの残クレにはデメリットも

デメリット
月々の支払いの負担が少なくメリットばかりのように感じる残クレですが、やはりデメリットもあります。残クレの利用は、デメリットも知ったうえで検討しましょう。

 

走行距離の制限がある

残クレはどこの自動車メーカーでも、走行距離の制限があります。制限を超えてしまうと、車の返却の際に超過料金などがかかってきます。
走行距離が多くなりそうな人にとっては、これはデメリットと言えるでしょう。

 

この点は、通勤や買い物程度であまり乗らないという人にとっては、さほどデメリットにはならないかもしれませんね。

 

自由にカスタマイズができない

残クレで購入した車は、元の状態で返却しなければなりません。そのため、改造やカスタマイズなどをしてしまうと返却ができなくなってしまったり、料金が余分にかかってしまったりします。

 

カスタマイズや改造を楽しみたい人には、残クレは向いていないかもしれませんね。

 

傷や事故などに気を遣わなければならない

残クレで購入した車は、最終的に返却することになります。(一括支払いや再クレジットで乗り続けることもできます)
返却時に、事故などで状態が悪くなっていたり傷がついていたりした場合には、保証された残価よりも低い金額で下取りされてしまうことになります。

 

ですから、メンテナンスをしっかり行って傷をつけないように、ましてや事故など起こさないように丁寧に乗らなければなりません。

 

せっかく自分の車を買ったのに気を遣うのは窮屈だな……と感じる人は、通常のローンで購入してのびのびと乗ったほうがいいかもしれませんね。

 

そのまま乗り続ける場合には損をしてしまう

3〜5年で手放して新車に乗り換えるつもりだったけど、乗っていたら愛着がわいてしまったというケースもあると思います。手放さずにそのまま乗り続けたい人も少なからずいるでしょう。

 

しかし、残クレで購入した車をそのまま乗り続ける場合、最初から通常のローンを組むのに比べて支払いの総額が多くなってしまいます。この点もデメリット言えそうですね。

 

一台の車を末永く大事にしたい人、愛着がわいてしまうと手放せなくなってしまう人は、残クレではなくはじめから通常のローンを組んで購入したほうがいいかもしれません。

 

ちなみに、銀行や損保のマイカーローンには、審査の難易度が上がる代わりに上記のデメリットを解消できるものがあります。
サイトTOPではそれらとの自動車ローン比較を行っているので、気になる人は参考にしてください。

 

ダイハツのローンの目次に戻る

ダイハツの残クレでウェイクを買うとしたら

ウェイク
ダイハツの残クレ(ワンダフルクレジット)でウェイクを購入したいと考えている人もいるかと思います。その場合、月々いくらくらいの支払いになるのでしょうか?

 

【ダイハツ東京の例】

金利 返済期間(回数) 月々の返済額

4.9%

5年コース(61回)

9,700円

 

こちらはGターボレジャーエディションSAU(5ドア、2WD、CVT、660cc)を購入した場合のシミュレーションになります。
ワンダフルクレジットで購入して5年コースで返済をすると、ウェイクが月々1万円以内の支払いで購入できてしまうのです。

 

ダイハツのローンの目次に戻る

ダイハツの残クレでキャンバスを買うとしたら

キャンバス
では、残クレでムーヴキャンバスを買った場合にはどうなるでしょうか。

 

【ダイハツ東京の例】

金利 返済期間(回数) 月々の返済額

4.9%

5年コース(61回)

8,500円

 

こちらはムーヴキャンバス G メイクアップSAU(5ドア、2WD、CVT、660cc)を購入した場合の金額なので、グレードやオプションの有無などによって多少変わってきます。
この金額でムーヴキャンバスが買えるなら私でも買えるかも? と思った人もいるのではないでしょうか。

 

ダイハツのローンの目次に戻る

 

 

ここまで、ダイハツのローン「ワンダフルクレジット」(残クレ)の金利や審査についてお話してきました。
残クレは月々の支払額が抑えられるため、手が届かないと思っていた車種が新車で買える可能性が出てくる点などがメリットと言えます。ただし、返却するまでの走行距離が決まっていたり、自由にカスタマイズができなかったりというデメリットもあるので、自分のライフスタイルやニーズなどに本当に合っているか、よく検討した上で利用したいですね。

 

自動車ローン比較トップページへ戻る