借りる前に知りたい自動車ローンの金利平均と金利の計算方法

MENU

これから自動車を購入し、自動車ローンを組みたいと思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

自動車ローンといえば、やはり気になるのは「金利」ですよね。
一般的に、自動車ローンの金利がどのくらいなのか気になるという方も多いかもしれません。

 

今後数年間返済を続けていくわけですから、金利がどのくらいで、毎月どのくらいの返済になるのかという点は気になりますよね。

 

そこでこちらでは、自動車ローンの金利平均と、金利の計算方法について見ていくことにしましょう。

 

ディーラーで組む場合の自動車ローンの金利平均って?

自動車ローンと言っても、ディーラーで組むものや銀行のマイカーローンなど、色々あります。
さらに、購入する自動車が新車か中古車かなどによっても、金利は変わってきます。

 

一般的に、ディーラーで組む自動車ローンは金利が高い傾向にあります。
新車の場合には5%〜8%程度のことが多く、中古車となると10%を超えてしまうケースもあるようです。

 

ディーラーで扱っている自動車ローンは通常、審査結果が早く分かり、審査に通りやすいことが多いようです。そのうえその場で申し込みができますから、手軽ですよね!
しかし金利の高さを考えると、銀行のマイカーローンなども視野に入れたほうが良いでしょう。

 

銀行のマイカーローンの金利平均は?

では、銀行のマイカーローンの場合、金利平均はどのくらいなのでしょうか。

 

銀行のマイカーローンの場合、金利平均は2%〜6%程度となっているようです。
そのうえ新車でも中古車でも同じ金利が適用されるマイカーローンもあります。

 

ただし金利が安い分、どうしても審査は厳しい傾向にあるようです。
しかしながらパートやアルバイト、年金収入などでも申し込みができるマイカーローンもあります。年収の制限がないマイカーローンもありますので、あきらめずにさまざまな銀行のマイカーローンを検討してみるべきでしょう。

 

自動車ローンの金利の計算方法は?

買ってしまってから払えないことが判明しても、遅いですよね。
できれば、ご自分が今欲しい車を買うと金利の総額はいくらくらいになり、月々いくら払ったらよいのか、事前に知っておいたほうが良いでしょう。

 

支払金額や金利などを入れると自動計算ができるサイトなどもありますから、利用してみるのも良いと思います。
マイカーローンを扱っている銀行のホームページの中にも、支払いのシミュレーションができるものが多いですから、一度シミュレーションしてみてはいかがでしょうか。

 

こちらで、1か月のおおよその返済額が分かる簡単な金利の計算方法をご紹介しておきます。

 

仮に、300万円の車を、金利5%、3年間で返済することにします。
◆車の代金300万円に、金利の5%(0.05)をかける(15万円)
◆その金利に、返済の年数(3年)をかける(45万円)
◆その数字を2で割る(225,000円)
◆車の代金に先ほどの金額をプラスする(3,225,000円)
◆その数字を返済回数(3年なので36回)で割る(約89,583円)

 

 

やはり、金利のことを考えると銀行のマイカーローンを利用した方がお得になりそうですね。
自動車購入の予定がある方は、気になるマイカーローンをピックアップしておきましょう。
無理な返済にならないように、実際に返済する額をシミュレーションしておくことをおすすめします。