自動車ローン 審査

MENU

車の購入には自動車ローンを利用する方が多いと思います。いざ欲しい車が決まっても、自動車ローンの審査に落ちてしまっては購入できませんよね。

 

自動車ローン,審査

 

こちらでは、自動車ローンの審査に通りやすい人、通らない人の特徴などについてお話していきましょう。

 

自動車ローンを組む時には必ず審査がある!

自動車ローンには、ディーラーで組むディーラーローンや、銀行、農協などで組むマイカーローンなどがありますよね。どの自動車ローンを利用するとしても、絶対に必要なのが「審査に通ること」です。

 

審査では「信用情報」がチェックされる!

 

自動車ローン,審査

 

自動車ローンの審査ではまず、「信用情報機関」の情報が参考にされます。信用情報機関には、あなたがローンやクレジットカード、キャッシングなどに申し込みをした履歴や、携帯電話の本体代金の分割払いなどの状況、各金融機関への返済状況、債務整理の有無などが記録されています。

 

簡単に言えば自動車ローンの審査では、今何社からどのくらい借金があるか、きちんと遅れずに返済できているかどうか、過去に金融事故を起こしていないかなどをチェックされるというわけですね。

 

これらの情報は「クレジットヒストリー」などとも呼ばれます。長期の延滞や債務整理などをした記録がある場合、一般的には金融事故がある状態とみなされ、いわゆる「ブラック」と呼ばれる状態になります。

 

年収や勤続年数などもチェックされる

 

自動車ローン,審査

 

自動車ローンの審査では信用情報以外にも、年齢や住居形態、居住年数、勤務先や年収、勤続年数などもチェック対象となります。
当然、年収は多い方が良いですし、勤続年数も長い方が有利になります。

 

自動車ローンの審査に落ちる可能性大!「自動車ローンの審査に通らない人の特徴」は?

自分が自動車ローンに通るかどうかが、皆さんの一番の関心事だと思います。どのような方が自動車ローンに通らない危険があるのか、こちらにまとめてみました。

 

金融事故を起こしている

 

自動車ローン,審査

 

クレジットカードや各種ローン、キャッシングなどで、返済を2〜3か月以上延滞をしている場合や、債務整理をしているなどいわゆる「ブラック」の場合には、審査に落ちる可能性が高いです。さらに、携帯電話料金に本体代金の分割払いが含まれている場合、携帯電話料金を滞納していると審査に通りにくくなります。

 

勤続年数が短い、年収が少ない

 

自動車ローン,審査

 

勤続年数が短いと、審査に落ちる可能性があるようです。就職したばかり、転職したばかりだという方は、必要に迫られてどうしても車が無いと困るわけではないなら、もう何年か待ってから車を購入した方が確実と言えますね。
もちろん、年収が少ない場合にも審査に落ちる可能性があります。

 

正規雇用ではない、収入が安定しない職業である

 

自動車ローン,審査

 

派遣社員、アルバイト、パートなど、非正規雇用の方や、スポーツ選手、芸能人、水商売の方など、一般に収入が安定しないと言われている職業の場合には、自動車ローンの審査に通らないケースがあります。また、個人事業主の場合、会社勤めの方に比べると審査が厳しくなる傾向があるようです。
芸能人や水商売などは、うらやましくなってしまうほど収入が多いイメージがありますよね。しかしローンを組む際には、今収入が多いかどうかよりも、長期間安定した収入があるかどうかの方が重要視されるようです。
そのほか、収入が投資やネットビジネスなどといった給与による収入でない場合にも、審査に通らない可能性があります。

 

年収に対して借り入れの比率が高い

 

自動車ローン,審査

 

年収に対して借り入れの比率が高いと、やはり融資をする方としては警戒しますよね。当然、審査に通らない可能性が出てきます。逆に言えば、年収はさほど多くなくても借入額が少ない場合、審査に通りやすいと言えるでしょう。

 

短期間でローンやクレジットカードなどに複数申し込みをしている

 

自動車ローン,審査

 

利用したい自動車ローンの審査申し込みをしたのと同じ時期に、複数の他社にローンやクレジットカードなどの申し込みをしていると、審査に落ちやすいと言われているようです。他社の審査に落ちている場合などには、より印象が悪くなる可能性があります。

 

虚偽の申告をした場合

 

自動車ローン,審査

 

自動車ローンの審査に何としてでも通りたいがために虚偽の申告をしてしまい、それがバレた場合には審査に通ることは不可能でしょう。
バレなければよいということではありません。職場への在籍確認や信用情報機関の情報などによって、嘘がバレてしまうケースは意外に多いものです。虚偽の申告はくれぐれもしないようにしましょう。

 

信用情報機関に情報が無い人

 

自動車ローン,審査

 

今までに一切クレジットカードやローンなどを利用したことが無い方は借金とは無縁ですから、一見ものすごく審査に通りやすそうなイメージがありますよね。
しかし、信用情報機関に登録されている返済実績が無く判断材料が無いため、逆に審査に通りにくいケースもあるようです。

 

自動車ローンの審査に通りやすい人ってどんな人?

自動車ローンの審査に落ちやすいのは、金融事故を起こしている人や勤続年数の少ない人、収入に対して借り入れの比率が高い人などでした。では逆に、審査に通りやすいのはどのような人なのでしょうか。

 

返済実績を積んでいる人

 

自動車ローン,審査

 

住宅ローンやクレジットカードの利用、キャッシングの利用などに対し、長期間延滞無く返済できていれば返済実績を積んでいるとみなされ、評価が高くなります。
今すぐに返済実績を積むというのは難しいのですが、延滞などがある場合にはしっかりと返済をしておきましょう。

 

安定した収入が継続してある人

 

自動車ローン,審査

 

先ほど審査に通りにくい人のところで「勤続年数が短い人、安定していない職業の人は審査に通りにくい」とお話ししました。自動車ローンは比較的長期間にわたって返済していくため、きちんと継続して返済をしてもらえる見込みがないと判断されてしまうと審査に通りにくいでしょう。
その点、一つの職場で長く働いていて安定した収入がある人なら、自動車ローンの審査に通りやすいと言えます。

 

他社から借り入れが無い、少ない

 

クレジットカードやキャッシングなど、複数の金融機関からの借り入れがあるとよい印象を与えません。
他社での借り入れは、少ない方が自動車ローンの審査に通りやすいでしょう。

 

規模の大きい会社に勤務している

継続して安定した収入があれば問題ありませんが、どちらかと言えば従業員数が多く規模の大きな会社に勤務している方が審査での印象が良いようです。

 

自動車ローンの審査、甘いのはどこ?

 

自動車ローン,審査

 

ここまで読んでいいただいて、「自分は審査に通らない人に当てはまる。自動車ローンの審査に通る自信がない」と感じた方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そのような方は、とにかく審査が甘い自動車ローンってないの?という点を知りたいですよね!審査が甘めの自動車ローンはあるのでしょうか。

 

ディーラーローンなら比較的審査に積極的!

 

自動車ローン,審査

 

自動車購入時に、ディーラーで組むことができるディーラーローン。ディーラーローンは、銀行などのローンに比べると比較的審査が通りやすいと言われています。

 

ディーラーとしても、自動車ローンに通ってもらわなければ車を買ってもらえませんよね!そのうえディーラーローンでは、返済が終わるまでは車の所有権がディーラーやローンを組んでいる信販会社にあるため、万が一返済してもらえなければそのまま車を引き上げればよい、ということになります。
これらのような事情から、銀行などより審査が甘めの事が多いようです。
ただし、審査が通りやすいと言っても金融事故があるような方の場合は審査に落ちることもあるので、あまり楽観視しすぎないようにしましょう。

 

ディーラーローンは審査結果が迅速に出ることが多く、手続きもディーラー任せで良いため、あまり手間がかからないというメリットがあります。
しかし手軽な反面、金利が高いというデメリットが。数年返済し続けていくことを考えると、これは意外に大きなデメリットと言えるでしょう。

 

銀行のマイカーローンの方が審査は厳しめの傾向が

 

自動車ローン,審査

 

銀行などで扱っているマイカーローンは、ディーラーローンに比べると金利が低いです。しかしその分、ディーラーローンに比べて審査は厳しめの傾向があります。

 

でも、自動車ローンは数年にわたって支払い続けていくもの。これから収入が下がったり、別のローンを組まなければならなくなったりする可能性は誰にでもありますから、自動車ローン返済の負担は少しでも軽くしておきたいですよね!

 

ですから銀行のマイカーローンの審査に通りそうな方は、ぜひ金利が低い銀行のマイカーローンの利用を検討してみてください。

 

自動車ローンの審査基準をもっと詳しく知りたい

 

自動車ローン,審査

 

先ほど、「審査に通らない人の特徴」についてお話ししましたが、もう少し具体的な審査基準を知りたいと思った方のために、改めてこちらでお話していきたいと思います。

 

自動車ローンに通るためには、ある程度の年収と勤続年数の長さ、年収と借入額のつり合いなどが重要となります、
金融機関によって審査基準は異なるため、こちらでご紹介するものはあくまでも一般的な審査基準の目安となります。

 

自動車ローンの審査に通るための年収の目安はどのくらい?

自動車ローンの審査でまず気になるのが、「自分の年収で審査に通るのかどうか」という点ではないでしょうか。

 

自動車ローン,審査

 

金融機関によって審査基準は異なりますが、一般的には年収100万円〜300万円以下の場合、審査に通るのが厳しくなるようです。さらに、年齢が上がるにつれて審査に通りにくくなることが多いでしょう。
つまり、年齢が高く年収が低めの場合には審査に通りにくいと言えます。

 

ただし、金融機関によっては年収がいくら以上、年齢が何歳までといった審査基準がはっきりと公式サイトなどに明記されている場合もあります。その場合には、基準を満たしていれば問題ないでしょう。

 

勤続年数はどのくらい必要?

先ほど、「審査に通らない人」のところで、勤続年数が短い人は審査に通りにくいとお話ししました。
具体的には、審査に通るためには最低でも勤続年数1〜2年以上が望ましいでしょう。勤続年数が1年に満たない場合には厳しいと思っておいた方が良いかもしれません。

 

どのくらい借金があったら厳しいの?

他社からの借り入れが多かったり、年収に占める借金の割合が高すぎたりする場合には審査に通りにくくなります。具体的な審査基準はどのようになっているのでしょうか。

 

自動車ローン,審査

 

住宅ローンやクレジットカードの利用料金、各種ローン、カードローンなど、これから借り入れる自動車ローン以外にも借金のある方は多いと思います。
現在借り入れ中の借金の1年間の返済額と、これから借り入れる自動車ローンの1年間の返済額を合計して年収の35%〜40%以上になる場合、審査に通らない金融機関が多いようです。
つまり、この数字(年間の返済額の合計を税込み年収で割り、100をかけたもの)が小さければ、審査に通る可能性があります。

 

さらに、無担保の借り入れの合計額とこれから借り入れる自動車ローンの総額を足した金額が年収の半分を超える場合、審査に通るのが厳しいようです。

 

家族に金融事故がある場合には注意が必要!

金融機関によって異なりますが、家族に金融事故があると審査に通らないことも。家族に金融事故が無いかどうか、あらかじめ調べておくと安心ですね。

 

マイカーローンの仮審査を受けてみよう!

 

自動車ローン,審査

 

自動車ローンの審査に通るのか通らないのか不安な方も、とりあえずマイカーローンの仮審査を受けてみるのも良いかもしれません。仮審査を受けるだけなら通常は手数料がかからないところが多くなっていますし、キャンセルも無料でできるケースが多いです。ですからまずは、気になる金融機関をいくつかピックアップし、気軽にマイカーローンの仮審査を受けてみてください。

 

仮審査の結果の有効期限は各金融機関によって異なります。なかには1年間仮審査の結果が有効なマイカーローンなどもあるんですよ!車の購入が決まってからすぐに仮審査を受けても期限に間に合いそうですね。

 

車のローンに通らない場合には「保証人」をつけるようにお願いされることも

 

自動車ローン,審査

 

年収が少ないなどの理由で審査に通らなそうな場合、「保証人」をつければ自動車ローンが組めるケースがあります。
保証人をつけるようにお願いされることが多いのは、年収に対して借り入れの比率が高い場合や、勤続年数が短い場合、他社での借り入れが多い場合、借金を延滞した記録がある場合など、「審査に通らない人」でご紹介したのと似たようなケースが多いようです。

 

もし自動車ローンの審査に通る自信が無いという場合には、あらかじめ保証人になってくれそうな方をピックアップしておきましょう。それとなく打診しておくのも良いかもしれません。

 

車のローンの審査はパートでも通る?

パート先が遠く、通勤に使いたいから車をローンで買いたい。このようなケースも多いのではないでしょうか。パートで働いている方は、自動車ローンの審査に通るのでしょうか。

 

勤続年数、借入額によっては審査に通る!

 

自動車ローン,審査

 

先ほど「審査に通らない人の特徴」のところで、アルバイトやパートなどの場合には審査に通りにくいと書きました。しかし、全く通らないということではありませんので安心してください!

 

確かに高額の借り入れはできませんし、勤続年数が短い、収入が極端に少ない場合には自動車ローンの審査に通ることが難しいです。しかし、継続して安定した収入を得ているパート従業員の方で、借入額が少ない場合(一年間に返済する合計額が年収の35%〜40%程度まで)ならば、十分に審査に通る可能性があります。

 

パート、アルバイトでもOKのマイカーローンを選んで

銀行などで扱っているマイカーローンの中には、パートやアルバイトの方でも申し込みができるものもあります。パート従業員で自動車ローンを利用したいと思っている方は、パート、アルバイトOKのマイカーローンを選択するのもおすすめですよ。

 

車のローンは一度ブラックになったら二度と組めないの?

 

自動車ローン,審査

 

いわゆる「ブラック」と呼ばれる状態は、金融事故(クレジットカードや各種ローン、キャッシングなどの返済を2〜3か月以上延滞した場合や、自己破産などの債務整理をした場合)を起こしてしまった状態のこと。この情報は信用情報機関に登録されており、自動車ローンの審査の際には必ず調べられてしまいます。

 

ここで気になるのは、一度ブラックになってしまったら二度とその情報は消えないのか、今後自動車ローンは組めないのかという点ではないでしょうか。

 

結論から申し上げると、一生消えないというわけではありませんのでご安心ください!事故情報が消えれば、また自動車ローンの審査に通る可能性があります。

 

延滞や強制解約は?

 

自動車ローン,審査

 

例えばクレジットカードやローン、キャッシングなどの返済を2〜3か月以上延滞してしまい、信用情報に「異動」がついてしまったような場合や、延滞によって携帯電話やクレジットカードを強制解約させられてしまった場合などには、その情報が消えるまでには5年程度かかります。
そのほか、保証会社に代わりに返済をしてもらった場合などにも、5年程度その情報は残ります。

 

債務整理は種類によって変わる

債務整理にも自己破産、任意整理、特定調停、個人再生などいろいろと種類があります。債務整理によって信用情報機関に情報が残る年数は種類によって変わってきますが、例えば任意整理なら3年〜7年程度、自己破産なら5年〜10年程度はブラックと呼ばれる状態のままになります。
いつまで情報が残るのかは、それぞれのケースによっても異なってきます。

 

ブラックかどうか調べたいならば、信用情報の開示をしてみる

 

自動車ローン,審査

 

信用情報機関はJICC、CIC、JBAなどがあり、それぞれ会員になっている企業が異なります。これらの信用情報機関で「情報の開示」をしてみると、ご自分がまだブラックなのか、もう事故情報は消えているのかということが分かります。

 

ネットでの申し込み、窓口での開示、郵送での開示など、それぞれの信用情報機関によって方法は異なりますが、さほど難しくありません。費用も3社開示を行っても5,000円以内くらいで済んでしまいますから、気になる方は一度信用情報の開示をしてみましょう。

 

 

自動車ローンに通りやすい人、通らない人の特徴についてお話してきました。
自動車ローンの審査は、勤続年数や年収に対する借入額の割合、これまで金融事故が無かったかどうかなどが重要になってきます。もしかしたら自動車ローンの審査に通らないかもしれないと感じた方は、頭金を多くして自動車ローンの借入金額を下げたり、返済の滞っていた借り入れをしっかり返済したりなど、対策をしていきましょう。
そして、どのマイカーローンを選ぶのかという点も重要です。パートやアルバイトでも通りやすいといった点や、申し込み基準など、公式サイトをよくチェックして、ご自分にマッチしそうな自動車ローンを選んでみてくださいね。

 

いかがでしたでしょうか。
ここまでで自動車ローンの審査について解説してきました。
金利の低い自動車ローンをお求めなら以下の表を見て下さい↓↓↓

 

自動車ローン,審査

 

しずぎんマイカーローンは他社と比較すると金利がとてもお得なのでもし自動車ローンをお探しならしずぎんマイカーローン
の利用がオススメです!!
しずぎんマイカーローンは全国から申込めるので、静岡県以外に住んでいる方でも契約することができますよ。

 

 

自動車ローン比較トップページへ戻る