外車・輸入車を初めて買うなら押さえておくべき3つのポイント

MENU

外車・輸入車を初めて買うなら押さえておくべき3つのポイント

ベンツ
外車・輸入車に憧れていて、いつか乗ってみたいと思っている人も多いのではないでしょうか。外車はやはりデザインが洗練されていますし、外車に乗っているという優越感も魅力ですよね。

 

しかし外車・輸入車が欲しいと考えていても、なんとなく敷居が高そうな感じがしたり、何かと費用が掛かりそう……などといったイメージからどうしても敬遠してしまいがちです。

 

こちらでは、外車・輸入車を初めて買う人のために、押さえておくべきポイント3つを紹介していきます。
さらに、外車・輸入車を中古で買う時のポイントにも触れていくので、そちらもぜひ参考にしてみてくださいね。

【1】外車購入で後悔しないために買い方や購入時期を押さえておく

どうしても外車が欲しい、今すぐ欲しい! という人もいるでしょう。でも、ちょっと待ってください。
はやる気持ちを抑えて、もう一度外車のメリットやデメリットを知り、どうやって買ったらよいのか、いつ購入すべきかなどをチェックしてください。

 

外車のメリット、デメリットを知って比較検討する

とにかくカッコいい、優越感に浸れる、夢が叶う……
外車に乗るメリットは多いですが、当然デメリットもあります。

 

外車のデメリットとしては、やはり日本車に比べて車両価格の高さや修理の高さ、税金の高さなど、費用面の高さが挙げられます。燃費に関しても、車種にもよりますがどちらかといえば日本車のほうが優れていると言えるでしょう。つまり、外車に乗るためにはそれだけ維持費がかかることを覚悟しなくてはなりません。

 

さらに、故障した際に部品が確保しにくい、修理してもらえるところが少ないなどの点も不安要素ですよね。

 

それでも、優越感には代えられない、夢だった外車に絶対に乗りたいという人は外車を購入するのも良いと思います。

 

車

 

外車を購入する前に年収と相談して

先ほど、デメリットとして外車は日本車よりも維持費がかかりがちだとお話ししました。外車を購入してしまってから後悔しないように、自分の年収で本当に維持していけるか、生活に無理がないかなどを考えましょう。
せっかく買ったのに、結局維持していけなかった……となってしまっては悲しいですよね。

 

外車のいいところは?

デメリットばかり挙げましたが、外車にもいいところがあります。それは「ボディが丈夫で安全性が高い点」です。
万が一事故に遭っても、外車は日本車より丈夫でドライバーの命を守りやすいと言われています。有名人やスポーツ選手などは外車に乗っている方が多いですが、単にお金に余裕があるからというだけでなく、いざという時に命を守りやすいからという点も考慮しているのかもしれませんね。

 

輸入車の購入時期はいつがいい?

国産車の場合、3月や9月の決算時期に車を買うと安くなる、などと言われていますよね。輸入車の場合、購入時期はいつ頃が良いのでしょうか。

 

価格

 

輸入車の場合、新しいモデルが入ってくる頃が狙い目だと言われています。また、輸入車の決算は国産車とは違って12月のことも多いので、その時期も狙い目と言えるかもしれませんね。
外車は国産車と違って、決算時期でも大幅な値引きは期待できない傾向にあるようです。確かに、外車のディーラーに「値引きしてください」とは、なかなか言いづらい雰囲気があるかもしれませんね。

 

外車の買い方は?

国産車なら、新車を買いたい車のディーラーで買いますよね。外車はどのように購入するのでしょうか。

 

外車の購入方法には正規ディーラーで正規輸入車を買う方法並行輸入車を買う方法があります。
正規ディーラーで販売されている外車は日本仕様になっており、なかには右ハンドルのものも。メリットとしては、保証の質の高さなどが挙げられます。アフターサービスやサポートなどがしっかりしているので、国産車を買うのと同じ安心感を得られるでしょう。

 

ただし、正規ディーラーで外車を買うと価格が高くなりがちな点がデメリットと言えるかもしれません。そのうえ、正規のディーラーであっても日本で扱われていない車種は買うことができません。

 

一方、輸入業者や個人など、正規ディーラーとは別のルートで輸入された車は並行輸入車と呼ばれています。
並行輸入の場合には正規ディーラーで販売されていない車種も購入することができるほか、正規ディーラーで車を買うよりも安く買うことができるケースが多いようです。

 

しかし正規のディーラーで買ったわけではないため、ディーラーの保証の対象にならないというデメリットがあります。並行輸入した外車の正規ディーラーが日本にあったとしても、修理やメンテナンスなどを受け付けてもらえないケースも多いようです。最悪の場合、修理に必要な部品などが確保できないということにもなりかねないので、そういうリスクも承知のうえで購入するようにしましょう。

 

初めて外車 3つのポイントの目次に戻る

【2】初心者にもおすすめの外車を選ぶ

初めて外車を買うというのは何かと不安ですよね。外車初心者がいきなり並行輸入車を買うのはハードルが高いかもしれません。
正規ディーラーが販売している外車を買ったほうが、アフターサービスなどの点で安心でしょう。

 

外車を安く買うならコンパクトカーがおすすめ!

価格的にも手に入りやすく小回りの利くコンパクトカーは、初心者におすすめの外車と言えるでしょう。安全性や走行性能も良く、価格も日本のものと大差ない外車のコンパクトカーもありますよ!

 

車

 

外車に初心者マークって恥ずかしい?

 

インターネットで情報を見ていると、「外車に初心者マークって……」という話題を見かけることがあります。免許取りたてで外車を買おうと思っている人にとっては気になってしまうかもしれません。

 

そのような意見があっても、自分でどうしても外車に乗りたい、しかもきちんと維持していけるという場合には購入するのが良いと思います。しかし、なかにはインターネット上の意見のように不釣り合いだと思っている人がいたり、嫌がらせをしたりする人がいないとも限らないため、注意が必要かもしれません。
気になる場合には、いかにも高級外車という感じの車種を選ばず、先ほど挙げたようなコンパクトカーなどにしたほうが無難かもしれません。

 

初めて外車 3つのポイントの目次に戻る

【3】外車を買うなら壊れにくいメーカーを選ぶ

外車は壊れやすい、という意見を耳にしたことがある人も多いかもしれませんね。実際にはどうなのでしょうか。

 

最近の外車の壊れやすさについては、車種にもよりますがその多くは国産車と大差ないと言われています。
ただ、実際に壊れた時には国産車に比べて修理代が高くなってしまう傾向にあります。

 

外車で比較的壊れにくいと言われているのが、BMWやアウディー、メルセデス・ベンツなどのドイツ車だと言われているようですよ。修理代をなるべくかけたくない人は、壊れにくい外車を選びましょう。

 

外車を買うならsuvもおすすめ!

最近は国産車でも、SUVの人気が高まっていますよね。SUVは丈夫な車というイメージも強いですし、壊れにくい外車を探している人にもおすすめと言えるでしょう。

 

車

 

外車のSUVは国産車のSUVとは違ったかっこよさがあり、他の人とちょっと差をつけたいという人にはぴったりなのではないでしょうか。価格はそれなりに高くなってしまいますが、メルセデス・ベンツGLAやフォルクスワーゲンのティグアンなどのコンパクトSUVを選べば、そこまで国産車と大差はありません。

 

輸入車の中古を買う時のポイントは?

 

これまでは新車の輸入車、外車を買う時のポイントを3つ見てきましたが、お手頃価格で手に入れたいなら中古車という選択もアリです!

 

輸入車の中古を買うなら認定中古車を狙う!

中古の輸入車を買う時には、「認定中古車」を選んでおいたほうが安心できるかもしれません。
認定中古車というのは、外車の正規ディーラーが販売する中古車のこと。基本的にはディーラーの基準を満たしている状態の良い中古車ということなので、一般の中古車よりも安心ですね!
一般の中古車よりも価格は少し高めのようですが、安心感には代えられないかもしれません。

 

輸入車の中古を買う時期はいつがいい?

中古車を買うのに適した時期は、国産車、輸入車とも「中古車の需要が少ない時期」と言えます。
一般的に新車がよく売れる時期は中古車の需要は少なくなると言われています。新車が売れるといえば2月や3月ごろを思い浮かべる人も多いと思いますが、残念ながらこの時期は例外。新生活に向けて中古車を買う人も多く、中古車は比較的高くなる傾向があります。

 

ボーナスの入る7月などは新車を購入する人も増える傾向があり、比較的狙い目かもしれません。

 

ただし、中古車は一点ものです。気に入った外車の中古車があったけれど、安くなる時期を待っていたら売れてしまった……ということにならないようにしましょう!

 

初めて外車 3つのポイントの目次に戻る

輸入車を買う人ってどんな人?

 

いざ輸入車を買おうと思い始めても、なんとなく国内メーカーと比べて敷居が高く感じて、なかなか輸入車の正規ディーラーへ足を運べないという人もいるかもしれませんね。輸入車を買う人ってどんな人なんだろう、自分に、本当に釣り合っているのかな? などと考えてしまいがちです。
また、周りから「なんで外車なんか買うの? 維持費もかかるし、国産車のほうが断然コスパも良くてクオリティー高いのに」などと言われることもあるでしょう。

 

輸入車に乗っている人と言えば、芸能人や医師、弁護士、スポーツ選手……といったイメージが強いですよね。しかし、本当に輸入車に乗りたいなら、そんなイメージや周りの声、自分には似合わないかもといった考えは捨て、思い切って購入してしまうのが良いのではないでしょうか。

 

人生は一度きり! 周りにどんな事を言われようと、好きな車に乗ったほうがきっと幸せです。

 

購入する際は、正規ディーラーで購入するのか、並行輸入車にするのかなど、よく比較・検討しましょう。それぞれのメリットデメリットもしっかり理解したうえで、維持費や修理に関しても視野に入れて購入するのが望ましいです。

 

車

 

外車・輸入車を初めて買う人のために、押さえておきたいポイントについてお話してきました。外車・輸入車の購入方法のメリットとデメリットを知り、自分に合った最善の方法を選びましょう。
一般的に輸入車は修理代が高くつくことが多いため、なるべく壊れにくい車を買うことも重要。初心者はまず、扱いやすく価格も比較的手ごろなものを選ぶのがオススメです。

 

初めて外車 3つのポイントの目次に戻る

 

自動車ローン比較トップページへ戻る