清水銀行マイカーローン

MENU

清水銀行マイカーローン『しみずニューオートローン』の口コミ評判・審査・金利を解説!審査は厳しい?

 

自動車ローンはディーラーで組むよりも銀行などのマイカーローンの方が金利がお得だと分かっていても、たくさんあってどれを選んでよいのか迷ってしまいますよね。
こちらでは、清水銀行のマイカーローン「しみずニューオートローン」の審査や金利、口コミ評判などについてお話していきましょう。

 

清水銀行マイカーローン「しみずニューオートローン」の審査基準や申し込みの流れは?

清水銀行マイカーローン「しみずニューオートローン」の利用を検討している方は、しみずニューオートローンの審査や申し込みの流れについて知りたいのではないでしょうか。
こちらで詳しくお話していきましょう。

 

清水銀行マイカーローン「しみずニューオートローン」の審査基準は?

しみずニューオートローンに申し込みできるのは、満20歳以上65歳未満の方(申込時の年齢)となります。ただし、完済時には72歳以下でなければなりません。

 

審査に通る条件としては、継続して安定した収入があることが必要となります。
ここで一つ注意しておきたいのが「新卒の場合」です。
継続して安定した収入があっても、新卒の場合はNGとなります。新卒の場合には、親権者などに保証人になってもらうことで利用が可能となります。

 

さらに、保証会社の保証が受けられることも申し込み条件となっています。

 

しみずニューローンの使い道は、自家用車または自動二輪車の購入資金や諸費用のほか、自動車用品購入資金、車検や収支の費用、運転免許取得費用、車庫の購入や建築費用(登記できるものを除く)などとなっています。
さらに、ローンの借り換え費用や残価設定ローンの買い取り費用にも利用できます。(申込者本人のローンのみ)

 

清水銀行マイカーローン「しみずニューオートローン」の申し込みの流れは?

次に、しみずニューオートローンの申し込みの流れを見ていくことにしましょう。

 

まず、インターネットで仮審査の申し込みをします。その後、電話で仮審査申し込みの確認があり審査が開始されます。

 

審査結果は、申込確認の後2営業日くらいで通知されます。無事に審査に通過したら正式な手続きについての案内がありますから、通知があってから1ヶ月以内に借り入れを希望する店舗の窓口か、ローンセンターで正式な手続きをしましょう。ローンセンターなら土日も手続きができます。(事前に電話で予約をしておきましょう)

 

正式申し込みの際に必要な書類は
・本人確認書類(運転免許証)
・所得証明書類(源泉徴収票や確定申告書の写し、住民税納税証明書、納税証明書など。ただし、申し込みの金額が300万円以下の場合は原則不要)
・借入金の使い道を証明するもの(売買証明書や見積書など)
・銀行のお届け印
・普通預金の通帳
となっています。事前に忘れずに準備しておきましょう。

 

もし審査結果の連絡がきた時点から借り入れまでが1か月を超えてしまう場合、再審査になってしまう可能性がありますので、早めに正式申し込みを行うことをおすすめします。

 

また、仮審査と正式な申し込みとで内容に食い違いがある場合には借り入れを断られてしまうこともあるため注意しましょう。審査に通りたいからといって虚偽の申告をするのはNGです。

 

清水銀行マイカーローン「しみずニューオートローン」の審査は厳しいの?

しみずニューオートローンを利用したいけれど、やっぱり審査は厳しいの?という点が気になりますよね。

 

一般的に、ディーラーで組むディーラーローンに比べると、銀行のマイカーローンの審査の方が厳しい傾向にあります。
しみずニューオートローンの申し込み基準は「安定して継続した収入がある」ことが条件になっていますが、新卒は除くと書かれています。このことからも、ある程度審査は厳しいものだと覚悟しておいた方が良いでしょう。
銀行のマイカーローンはディーラーで組むディーラーローンに比べて金利も低いことが多いですし、どうしても審査が厳しい傾向になるのはある程度仕方のないことなのかもしれません。

 

ただし、審査が厳しいからと言って嘘の申告をしてしまうのは絶対にNGです。もし仮審査に通ったとしても、正式申し込みをした時点でバレてしまい、結局ローンは利用できなかった、などということになってしまいますよ。

 

清水銀行マイカーローン「しみずニューオートローン」の金利はどのくらい?借入金額上限は?利用できる期間は?

清水銀行マイカーローン「しみずニューオートローン」を利用する前に、金利について知っておきたいですよね。詳しく見ていくことにしましょう。

 

清水銀行マイカーローン「しみずニューオートローン」の金利は?

しみずニューオートローンには、固定金利型と変動金利型があります。
固定金利型の金利は、融資の期間に応じた所定の金利に所定の保証料率を加えたものになります。3年の場合には3.6%〜5.6%、5年の場合には4.2%〜6.2%です。

 

変動金利型の場合、清水銀行の短期プライムレート+年2.0%、さらに所定の保証料率を加えたものになります。金利は申し込み時点ではなく、借り入れをする日の金利が適用されますので注意しましょう。

 

さらに、清水銀行の他のサービスの利用があると最大で2.0%割引に。
・住宅ローンを利用している場合には(同居家族でもOK)2.00%割引(ほかの割引との併用はできません)
・清水銀行を給与振込口座に指定している(5万円以上)、年金振り込みに口座に指定している(同居家族可)場合には1.00%割引
・公共料金の口座振替を3つ以上している場合、または、清水銀行でクレジットカード決済をしている場合には0.50%割引
・しみずダイレクトを利用している場合0.50%割引
・清水銀行の固定預金の残高の合計が30万円以上の場合0.50%割引
・しみずウィズカードを利用している場合0.50%割引
・しみずピアカードローンを利用している場合0.50%割引
となります。(組み合わせで最大2.0%まで)

 

清水銀行マイカーローン「しみずニューオートローン」の融資金額はいくらまで?融資期間は?

しみずニューオートローンの融資金額は、10万円以上1,000万円までです。1万円単位で借りることができます。

 

融資期間は、固定金利型の場合6ヶ月〜5年、変動金利型の場合には6ヶ月〜10年で、どちらも6ヶ月単位となっています。

 

融資金額が1,000万円までということで、高額の借り入れを検討している方におすすめと言えるでしょう。融資期間も、変動金利型を利用すれば10年まで可能です。

 

清水銀行マイカーローン「しみずニューオートローン」口コミ評判

実際に清水銀行マイカーローン「しみずニューオートローン」を利用している方の声を聞いてみたいという方も多いのではないでしょうか。
口コミ評判をこちらでご紹介していきましょう。

 

◇40代男性
車を買うことになり、自動車ローンを色々と検討しました。初めは面倒だからディーラーで組んでしまおうか?とも考えましたが、ネットで調べてみると銀行などのローンを利用した方が金利が安いと知り、地元で普段利用している清水銀行のマイカーローン(しみずニューオートローン)について調べたところ、金利が割引になる制度があると知り、申し込むことにしました。私は住宅ローンを利用しているため2%金利が割引されました。非常に助かります。

 

◇20代女性
自動車ローン、どうしようかと悩んだのですが、地元でずっと利用していたので清水銀行のローンに決めました。ネットで仮審査の申し込みができるのが良かったです。仮審査は1ヶ月有効みたいだったので、車を買う目処が立った時に少し早めに申し込みをしておきました。おかげで直前であわてなかったので良かったです。
最終的な手続きは銀行に足を運んで行いました。ネットで完結出来たらもっと嬉しいなと思いましたけど、銀行のローンだしそれは仕方ないですよね。

 

◇30代男性
初めての車の買い替え。前回車を買った時には何も知らずにディーラーローンを組んでしまいましたが、後から金利が高いと知って後悔。今度は絶対銀行のマイカーローンにしようと決めていました。そこで利用したのが、しみずニューオートローンです。清水銀行で給与振り込みを利用していたのと、ネットバンキングを利用していたので、金利割引が受けられることが決め手となりました。月の支払額を抑えたかったのでボーナス払いを利用しています。

 

清水銀行マイカーローン「しみずニューオートローン」を利用するなら無理なく返済できる金額を!

車は自分の個性をアピールできるツールですから、やはり妥協はしたくないという方も多いのではないでしょうか。しかも車を買う時は、あれもこれもオプションをつけたくなってしまうものですよね。

 

でも、マイカーローンを利用するときには、きちんと返済できるかどうかを考えてから借りる必要があります。せっかく審査に通って借り入れができたとしても、のちのち返済が滞ってしまったらせっかく手に入れた愛車を手放さなければならなくなってしまいます。

 

無理なく返済できる自動車ローンの金額を把握しよう

今の収入から光熱費や住居費、生活費を差し引いてどのくらい残るか、まずしっかり把握しましょう。そのうえで、自分の収入に見合った買い物かどうかをよく考えてから決めることをおすすめします。

 

ローン返済だけじゃない!「維持費」も考慮して

車を買ったら、車のローンさえ返済できればOKというわけではありません。ローン返済のほかにも、車には毎月「維持費」がかかってきます。月々のガソリン代もありますし、保険料や車検代などもかかります。その点も考慮に入れた上で、購入する車の車種やグレード、自動車ローンの借入額を考えましょう。
こんなはずじゃなかった!となってしまう前に、よくシミュレーションしておいてください。

 

不測の事態に備えておくことも大事

また、払う金利を少なく抑えたいから少しでも早く返済したい、月々の返済額を多くしたいと思う方も多いと思いますが、無理は禁物です。きちんと返済していけるかどうか考えてから決めるようにしましょう。
自動車ローンの返済中に病気で休職しなければならなくなった、事故で修理費が掛かってしまったなど、不測の事態が起こることも考えられます。ですから、月々の返済額を返済できるギリギリの額に設定してしまうのは危険です。不測の事態が起こっても返済を続けていけるような余裕のある金額に設定したいですね。